なぜsuggest suggestのthat節でなぜdon’t。suggestのthat節でなぜdon’t wasteでなくnot waste なるのか 文法ミニレクチャー。私たちは彼が家に帰ることを提案した は過去形なのに節の
は原形です。 文法の参考書には“ !” こんなふうに命令文には原形
の動詞を使いますね。 こんな英語もあります。?動詞の原形?の使い方:仮定法現在とは。何故なら。現在形なら。主語が で三人称?単数ですから。三単現の-が
必要で にならなければなりません。通常。このような文法規則を「
提案するの従節は仮定法現在原形にする」というように覚えます。
では。 [] , &#; ?なぜsuggest。節の節内が仮定法現在であり。『まだ起きていない』こと
だから動詞の原形を用いる」こと。 目的語にのは明らかに未来の
ことがらを指しており。 &#; も同様で。

目的語にthat節をとる動詞の一覧158語。⑷ 彼らは彼に一緒に行こう
と提案した。 ⑸ &#;大学入試で狙われる2重目的語を取れない動詞とは。パターン1。2重目的語を何が何でもとれない; まずは / /
の御三家を覚えよう のの語法を徹底的に極める!「人
」目的語を&#; 「あすは
自動詞なのになぜ節を後ろに置くことができるのか?徹底解説し要求?提案?命令等のthat節で動詞の原形が使われる理由。例 君は彼女に手紙を出した方が
いいよ。 私は君が彼女に手紙を出すことを「that節」の動詞を原形にさせる動詞?形容詞まとめ仮定法現在。「」になる原因は「提案?要求」を表す動詞 その理由は……ずばりメインの
動詞として「おすすめする」を使っているからです! 英語では。

suggest+that構文と言われているものがあります。以下、お手持ちの英語文法書があれば参照しながらお読みください。文法書には「語法」あるいは「動詞」などで纏まって載っているかと思います。suggestは「提案する」「示唆する」という意味の動詞ですが、使い方文型が特殊なものになります。①後ろが人+目的語にならない②that節を使い、かつその中にはshouldを使用する事が多く、そのshouldは省略可能であるという点です。まず1つ目は簡単な話で、?I suggest him that?という表現が出来ません。?I suggest to him that?とする必要があります。終わり。さて、2点目がここで問われている内容になります。実は本来、that節の中に意味もなくshouldが出てくるのです。意味もなく、というのはshouldの主たる意味である「べきである」という意味が全く含まれていないからです。なぜshouldなのか?と言うと実はこのパターン、仮定法過去の亜種なのでこんな使い方をしているのです。が、受験でもそんな事聞かれませんので先に進みます。問題文で聞かれているのはsuggest that? の以下の動詞の形ですね。否定形です。つまり本来はこの部分、should not wasteであるべきなのです。ですが選択肢にありません。なぜならこのshouldは省略可能であるからです。shouldは助動詞です。助動詞の後ろの動詞は原型を使いますね?例え省略されたとしても、動詞の形は変わりません。つまり原型のままです。そのためdo動詞が使えないのです。suggestと同じルールを持つ動詞は他にもあり、advise/decide/insistなどがあります。分かりやすく纏めたブログがありましたので貼っておきます。併せてご参照ください。仮定法現在ですよ。この両親は息子に実際になんと言ったでしょう?Don’t wast time playing game. です。ゲームして時間を無駄にしてはダメです。これがsuggest した内容です。否定の命令文と同じ意味にするには、仮定法現在という名の原形動詞にする必要があります。原形なのは①番だけですよ。Not waste だけが原形動詞です。原形不定詞を使うからです。学校では、should not doshould は省略可能って習う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です