ソレイマニ司令官の闇 今回の米の関係悪化調子のった革命防衛隊の過激派米叩いた結果言われて共和国軍サイドどういうスタンスなのでょう。イランの「共和国軍」「革命防衛隊」ついて 両者どういう関係あるのか知りたい 報道で詳くやってくれないので、大まか「二次大戦中の、ドイツ正規軍ナチSSみたいなんか」理解ているの… 今回の米の関係悪化、調子のった革命防衛隊の過激派米叩いた結果言われて、共和国軍サイドどういうスタンスなのでょう ウクライナ機誤射たの革命防衛隊よね 共和国軍「余計なこやって素人ど…」って感じでょうか 一般のイラン国民、どういう意識でいるのか知りたい ケニアの米駐留基地を過激派が攻撃。米軍は3日にイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害
しており。イランとの緊張が急速に高まっている。そのなかで。ケニア駐留基地
の攻撃は起きた。 目撃者や軍関係筋によると。攻撃は5

「米?イラン軍事的緊張と核合意の行方」時論公論。この組織は。イラン革命防衛隊の支援を受け。イラク国内で。過激派組織ISと
戦ってきました。彼らが。幹部の仇を取ろうと。アメリカ軍に対する攻撃を行う
ことも予想され。実際。バグダッドのアメリカ大使館を狙っ超やさしいイラン解説:上/米国への愛憎入り交じる国。イラン側は通常の軍に加え。革命後に創設された軍事組織である革命防衛隊が
前線で戦い。今回米軍に殺害されたソレイマニ司令官も参加しています。米国は
この戦争でイラク側に肩入れします。戦いは熾烈しれつを極め。民。徹底している トランプのバックに米軍とがついているのが怖いのだろう
過激派のガラを上げたという報道が乏しいのもなんかなぁ。こ う ど な じ ょ
う ほ う せ ん何が困るって。今回の国家反逆罪に加担した企業が潰されると
影響がでかい以前は練馬は埼玉でも東京でもなくて練馬県だって言われてたが

今回の米の関係悪化調子のった革命防衛隊の過激派米叩いた結果言われて共和国軍サイドどういうスタンスなのでょうの画像。イラン革命防衛隊の司令官。イランのエリート部隊トップだったカセム?ソレイマニ司令官は。イラン国内で
きわめて重要で人気の高い存在だった。イラン革命防衛隊は。親イランの
イスラム教シーア派武装組織のアブ?マフディ?アル?ムハンディス副司令官
イランのジャヴァド?ザリフ外相は。司令官殺害を「きわめて危険で愚かな
エスカレーション情勢悪化」だと呼んだ。さらにコッズ部隊はイラクでは
。過激派勢力「イスラム国」との戦いに参加したシーア派武装組織をソレイマニ司令官の闇。攻撃目標とされた。イラン革命防衛隊特殊作戦部コッズ部隊の司令官
カセム·ソレイマニ少将歳を含む名が死亡れていた犯罪の裁判のために
シャーの返還を求めるテヘランの要求をワシントンは拒否し。月日には過激
派学生の人質による危機が。今アメリカがイランに対する固有の恨みを抱く
理由となっています。年月に実行された米軍イラクの大多数のシーア派
人口とそれを超えて革命が広がることを恐れたサダムは。この宣言によって
新しいイスラム

共和国軍はイランの正規軍革命防衛隊はイランの国民軍といった感じです。国民主権のイランでは国民が国家の中心であり、政府は国民の管轄下にあります。そして、共和国軍はそのイラン政府の管轄下にあります。つまり、共和国軍はイラン政府を挟んで存在しています。一方、革命防衛隊は建前上、直接、国民の管轄下に置かれている部隊とされており、共和国軍以上に国民の意向が反映された組織とも言えます。 日本で例えると、天皇大権期の正規軍と近衛兵のような関係と言えると思います。イラン軍は国防のための正規軍。日本で言うところの自衛隊みたいな活動内容で攻撃を主としない。革命防衛隊は正義のための非正規戦闘部隊。国の正義のためなら攻撃してもいいぜ!っていう最高指導者直轄の親衛隊みたいな部隊。イラン国内ではどちらも同列の位置づけの軍隊ですが、対外的には革命防衛隊は非正規軍。なので米軍への攻撃も「政府は認めてないんすけど、奴らが勝手にやっちまったんですわ」と逃げれます。それを米国も利用したのがソレイマニ司令官の殺害です。イラク非政府組織のドンと革命防衛隊の精鋭部隊トップを爆撃しても「イラクとイランに攻撃したかったわけじゃないんすよ」と言ってのけたのです。イラン国民からすると、イラン軍はイランを守るヒーロー、革命防衛隊はイランの正義を国外に示す勇敢な戦士たちというイメージだと思います。最高指導者ハメネイ師はイラン軍&革命防衛隊の最高指揮官でもあります。なのでウクライナ機の件はイラン軍「とんでもないことやらかした.」革命防衛隊「親分ハメネイ師の顔に泥ぬっちまってほんとすんません」って感じでしょうね。革命防衛隊は、ホメイニ師の命令により1979年に創設された党の軍事組織で、国防省ではなく革命防衛隊省の統制下にあります。現在の世界の軍組織では極めて珍しい形態です。欧州?北米では全て国軍で党の軍隊を持っている国はありません。また、中国は党の軍隊のみで、ロシア?北朝鮮は国軍のみです。サウジアラビア国家警備隊が、国軍とは別組織王族の警護,クーデター防止?重要施設保護であるくらいです。歴史的にみると質問文の通りナチス親衛隊は国軍とは別組織のナチス党の軍隊ですし、ムッソリーニによって創設されたイタリアの国家ファシスト党の黒シャツ隊も同様の組織です。日本では明治維新以降同様の組織はなく、全て国の軍事組織です。天皇と宮城皇居を警衛する「禁闕守護」の責を果たした近衛師団も大日本帝国陸軍の師団の一つでした。中国など共産主義国家、あるいは終戦直後の日本と同じで「ある勢力」が「一つの国」を占領していて、ある勢力は「軍事力」を盾に国を指導管理している…という前提をまず覚えてください。「ある勢力」の軍事力とは戦後日本ならマッカーサーの駐留米軍、ソ連なら赤軍、中国なら等の軍たる人民解放軍、ナチスなら武装親衛隊で、イランだとハネメイ師ら聖職者直属の革命防衛隊にあたります。いっぽう指導される側たる国家も軍事力を持ってる場合がありまして、戦後日本なら旧陸海軍後裔である自衛隊、ドイツだと伝統ある国防軍、イランだと政府軍共和国軍がそうです。まあWWII当時の「ドイツ国防軍」と「武装SS、武装親衛隊」みたいなもんでしょうね。日本の近衛師団はあくまでも日本軍の一師団で、別組織というわけではないので違いますね。イラン革命後の国軍には旧王政支持者が残る事が懸念された事から、最高指導者ホメイニが政権を護る準軍事組織として創設したのが革命防衛隊です。国軍とは別に陸海空軍と情報機関を持ち、即座に百万人態勢に拡大可能な軍事組織です。つまりは国軍のクーデターを怖れたホメイニが、その対抗手段、抑止力として立ち上げた組織と理解するべきでしょう。イラン革命後の最高指導者を守り、革命の理念を維持するのが、イラン革命防衛隊。イラン政府による、ふつうの正規軍がイラン政府軍。イラン革命防衛隊は、中東各国のシーア派など武装組織に武器提供や資金援助を行い、ときにはタンカー襲撃などゲリラ活動を行う組織。殺害された司令官は特殊工作隊の司令官

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です