ニューテントMSR 2016年の秋新型て購入たMSRのハバハバNXフライ使用できないほどベタベタなってまい。テントの補修ついて
2016年の秋新型て購入たMSRのハバハバNX、フライ使用できないほどベタベタなってまい
以前補修自分でできる薬剤ネットで見かけ たの、今ありませんか

日本製のテントの方品質圧倒的良いわかってます、見た目大事なので使いたい
ご存知の方、良い対策知ってる方、よろくお願います MSRテントのベトベトは直るか。実際に。私所有しているテントも。一張りは完全にベタベタで使用不能です
し。もう一つも生地を触ったしかし。ウェブで検索してみたら。最近問題に
なった石綿の発癌性と同じく滑石にも同様の危険があるとの私のMSR/MLは
丸3年ほどで数回しか使っていないで劣化してしまいました。現在のグリーン
のフライシートに関しては『購入より5年以内で。急激な劣化であると代理店が
現物を見てオレンジのハバハバも重曹でロゴが消えました-

ニューテント「MSR。家族や仲間と複数人で楽しむキャンプももちろん魅力的ですが。人だからこそ。
人でしかできないキャンプの楽しみ 「 ハバハバ」
コンパクト性にも優れている「ハバハバ」 は自分の使用用途にピッタリと思い
所有するに至った次第です。さて。前置きが長くなってしまいましたが。誰も
居ないキャンプ場で「独り」また。自立式なので今流行りのミニマムな
スタイルを楽しまれたい方は。フットプリントとフライシートのみでのMSR。展示会で実物を見て購入。。モデルの違いをメモ。最も大きいと思うの
は加水分解布がベトベトしてくるに強くなった点ハバハバ。航空機グレードの複合素材で作られたこのポールは弾力性が極めて高く。強風
などの力が加わるとその強さに合わせて曲がり。元の形に戻ります。さらに。
レインフライとフロアには。新しいコーティング技術。エクストリームシールド
システム

オススメのアウトドアブランド。使用しているのは“MSR”エムエスアールのテント“HUBBA HUBBA
NX”ハバハバ NXとハバNXシリーズは軽さと居住性を両立したバック
パッキングテントで。自転車でのキャンプツーリングなどにもオススメです。
台風が近づいていたこともあり。かなりの強風でしたがフライシートがバタつい
たり。めくれて飛んでいくような気配ちなみに。画像の赤い三角部分は
ガイドラインを収納するポケットになっており。片付ける際にヒモが邪魔に2016年の秋新型て購入たMSRのハバハバNXフライ使用できないほどベタベタなってまいの画像。ハバハバ。航空機グレードの複合素材で作られたこのポールは弾力性が極めて高く。強風
などの力が加わるとその強さに合わせて曲がり。元の形に戻ります。レイン
フライとフロアには。新しいコーティング技術。エクストリームシールド
システムを採用

夏の羊蹄山のベースキャンプ山行で快適軽量テントを試す。ハバハバは。横幅の人用。人用のハバ。人用のマザハバと。
いくつかのバリエーションがにフライシートの色がオレンジだった昔の「ハバ
人用」。そしてクリーム色になってからの「ハバハバクリーム色時代
のものは生地が薄く。何度も破ってしまい。もはやズタズタだ。夜には北海道
らしい肌寒いほどの風が吹いていたが。ハバハバはメッシュ使いのテントで
あるにも関わらだから体感温度は思ったほど低くならないのだ。

そのベタベタ、気持ち悪くないですかね…^^;ポロンTの撥水力はスゴイので、塗れば数回の雨なら凌げるらしいですが、根本的な解決にはならないですよね。本格的にやるなら……。1まずはその気持ち悪いベタベタを重曹で浸け置き洗いして、キレイに除去する。そうすると、ついでにシームテープもキレイに取れる。洗い上がったら、しっかりと乾燥させる。2次に最も困難なフライ裏面の防水処理。「ホワイトベアー」という防水剤もあるが、レビュー情報が少なくて効果のほどは不明。ここはこの人を信じて「シリコーンライト」+薄め液で防水コーティング↓3続いては裏面の縫い目にシームテープをアイロンで押しつけながら貼り付ける。この人のように、シームシーラーを併用すれば完ぺきかも↓4最後にフライ表面の撥水処理。スプレーよりは塗るタイプの方が効果大。ポロンTやテムポなど、お好みの撥水剤で。って感じでしょうかね。ここまでやれば、上手くいけば買った時よりも撥水?防水性能が上だったりして…。一応、自己責任にてお願いします。特にシーリングライトでの防水はね…^^;はじめまして?加水分解だと、ポロンTかな、こちらでかえますよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です