ワシントンDC 永住権放棄後のGC再申請取得可能だ思っていたころ話耳たのでどなたかご存知の方回答よろくお願いいたます。グリーンカードの返納再取得ついて

日本帰国後、アメリカ大使館、領事館などでグリーンカード返納たのち、移民ビザの申請するこ可能なのか アメリカ永住者の方、「永住権放棄するいう内容の書類サインするのでないか サインたら、米国今後移住する意思ないいう意味なので、GCの再取得無理なので 」いう話聞き 、永住権放棄後のGC再申請、取得可能だ思っていたころ、話耳たので、どなたかご存知の方、回答よろくお願いいたます スマートフォン版。びびなび ロサンゼルス 交流広場 / 永住権取得 / 奈々美 永住権取得 先日グリーン
カードが届きました。自分で全部やりましたので。これから申請する方。面接
を受ける方などに分かる範囲で情報をお教えしたいと思います。ご存知の方も
多いと思いますが。移民局のシステム。審査プロセスはここ最近すごく変わっ
てきています。どなたか同じようなケースでGC申請された方がいらっしゃい
ましたらぜひ教えて頂きたいです。配偶者のグリーンカード取得。可能ですよ
! 報告

永住資格の放棄。永住権の放棄を希望する場合は。永住資格カードまたは「グリーンカード」と。-
フォームを。下記の イースタンフォームズまた。記入漏れや署名
忘れの-フォームは。にて放棄手続きがされないまま。郵送者に返却
されます。永住資格グリーンカードを放棄することが。将来米国への移民
ビザ申請に影響を及ぼすことはありません。大使館内に手荷物等を保管する
場所はありませんので。所持品の保管については各自来館前にご準備の程お願い
します。永住権放棄後の帰国居住者ビザSB。アメリカ国外に居住することを選択した永住権グリーンカード保持者が。
外国に住みながらグリーンカードのステータスを維持できる時間に関する規則や
制限があることをご存じでしょうか。ないグリーンカード保持者が。アメリカ
国外で年以上過ごした場合。アメリカへの再入国が許可されないことになります
。を得なかった場合は。帰国居住者の特別移民ビザが発給され。放棄された
グリーンカードを復活させる申請が可能です。-ビザの申請方法

米国グリーンカードの放棄と再申請。質問? どなたか3回以上米国の永住許可米国人の配偶者を持っている方を
申請した方はいらっしゃいますか?再申請の際に前回何故永住ビザを放棄した
かという理由に対しては。親の病気の問題があったのでその書類を提出しました
。子供が独立したら最終的は再度グリーンカードを放棄し。日本に戻ろうと
思っていますが。経歴がなければ。2度目のGCは保持したまま。I?131
– で日本に戻られることも可能だと思います。なんでも掲示板。でレーザーでしみを除去したことがある方に質問です。 まずどう
始めればいいのでしょうか??? どこに行って相談すればいいのかもよく分かり
ませワシントンDC。私も部分修理の業者を探して色々あたってみましたが。結局屋根自体が相当な
年数が経っているので。一部を修理してもまた他に問題が出て見積もりはタダ
だよと営業で回っていますが業者もいろいろいるのでお気をつけてください。
もし差し支えなければ。解決方法が見つかった際にはご報告をお願いできますか
?また別の例では。永住権を放棄するような形で日本へ年近く住んだ後。
再び渡米しそこで再度グリーンカードを申請しその後再取得しました。

居住地は一つしか持てないので日本に帰国して日本に永住すると決心したらアメリカ永住権を放棄した事になるのでグリーンカードでアメリカに入国できない事になります。しかし、3ヵ月後にやっぱりアメリカが良いと考え直した場合に永住権を放棄していた事は誰も知らないのでグリーンカードでアメリカに入国は可能です。アメリカ政府としてはI-407で永住権の放棄をしてグリーンカードを返納すれば領事が自分の意思で永住権を放棄をする事を確認しているので永住者としてアメリカに入国する事は出来なくなります。アメリカの入国審査でI-407のコピーを見せれば永住権を放棄した証明になります。I-407は領事だけでなく入国審査官に提出できると書いてあるのでグリーンカードで入国を拒否された場合にグリーンカードを没収する事は出来ないのでI-407にサインをしてグリーンカードを返納すれば観光で入国を許可すると言う取引を持ちかける事もあるようです。>サインをしたら、米国に今後移住する意思はないという意味なのでもし、I-407が未来の永住も否定するものであれば1回でも非移民でアメリカに入国した人は永住者としてアメリカに入国できなくなります。永住の意思のある人は非移民での入国を禁止されているのでI-407で永住の意思のない事を証明できます。I-407を提出した翌日に気が変わって移民ビザの手続を開始しても問題はありません。雇用ベースで永住権を取得した人は一旦放棄すると手続を開始して貰える雇用主を探すのが難しいので非常に難しいですがアメリカ人と結婚している場合は放棄した後でいつでも手続を開始できると思います。1年以上アメリカを離れていて入国を拒否された時の代理人になって貰えるか移民弁護士何人かに質問したら新しい移民ビザの代理人にはなるとの返事を貰いました。入国を拒否された場合の異議の申し立てが認められる可能性は殆ど無いと移民弁護士が考えていると思います。アメリカ大使館と領事館の領事は国務省に属していて渡米する人に適切なビザを発給する役所ですのでアメリカ国外に364日滞在していた場合は入国できるが1日でも遅れて1年になると入国できないと考えています。入国審査を行なうCBPは国務省とは違った解釈をしています。1年を過ぎていても入国を許可することもあれば1年未満でも入国を拒否する事もあります。領事は1年過ぎていればSB-1が無ければ入国できない。SB-1は1年が過ぎた理由が本人の責任ではないと領事が納得しなければ発給されないと言ってました。1年過ぎると永住権やグリーンカードが失効したりすると言う考え方は正しくないと思います。1年過ぎても永住権もグリーンカードも有効だが入国審査官が入国を拒否すると考えたらすっきりします。永住権を維持しているので領事がSB-1を発給すれば入国が可能になります。>再入国許可書が有効な2年の間は、何度日米を行き来しても大丈夫なのですか?再入国許可証は3つの目的の為に取得します。①1年過ぎて入国する場合②国籍国からパスポートを取得できなかったら取得したくない場合にパスポートの代わりの渡航書類として使用する為再入国許可証をパスポートして認めない国には入国できないので渡航できる国は制限されます。③永住権を維持している証拠の為再入国許可証は2年間有効なので有効期限内に入国して申請手続きを行なえば又2年間有効のものが入手できます。3回目からは発行されても1年間の有効期限になります。再入国許可証では有効期限内であれば何回でも使用できると思います。出入国を繰り返す場合は期間によっては再入国許可証を申請する必要が無い場合も考えられます。グリーンカードを返納してしまって、I-407の書類を提出した後、また、永住権を申請する場合、1からやり直しですので、その時に、永住権を申請する資格が充分あるなら、再取得も可能です。ただ、永住権の取得が、毎年厳しくなっていますので、手続きが面倒ではあるでしょう。アメリカ人と結婚していて、その配偶者の収入が充分あるなら、再申請もスムーズにいき易いでしょう。でも、将来、また、アメリカに帰るかも知れないなら、アメリカにいる間に、再入国許可書を貰って、日本に帰るといいです。そうすれば、再入国許可書は、2年有効ですから、その間にアメリカに帰る事になったら、何時でも帰れますし、もっと、日本にいる予定なら、そのまま放っておいて、再入国許可書の2年を超えたら、永住権は自動で無効になります。永住権の放棄の手続きをせずに、永住権が無効になった後で、アメリカに帰って住む事になったら、SB-1ビザReturning Resident Visaを日本内のアメリカ大使館か領事館で申請して、永住権の復帰をする事ができます。SB-1ビザの申請をする時に、永住権の放棄の手続きをしなかったのは、アメリカに帰るつもりでいたから、再入国許可書も申請して持っていた、でも、家庭の事情で、やむを得ず、許可書の期限の前に帰れなかった、でも、ずっと、アメリカに帰る意志があった、と言い易いでしょう。永住権を失うのは簡単ですが、取得するのは大変ですので、まだ、将来、どうなるかハッキリしていないなら、再入国許可書を取って日本に帰り、永住権を放棄せず、そのままにしておいて、その後で、永住権が無効になった後で、アメリカに帰りたいと、なれば、SB-1のビザを申請するのがいいと思います。私だったら、放棄の手続きをせずにして置きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です