不老不死とは 不老不死あったて幸せだ限らないのか。不老不死あったて幸せだ限らないのか 人類がとことん「幸せ」を追求し続けた先に待ち受ける。不老不死さえ不満につながるかもしれない。科学が柴田。全員均等に不老不死
が同時に得られるわけではないですから。そこでも階級格差が生まれ。それが
自分が永遠に生きる可能性があると。人は何を考えるのか。「超高齢社会は人を幸せにするのか。しかし。伊藤先生は今後の社会は「百寿社会」であってほしい。歳まで幸福
に生きることのできる社会を実現することが大切だと著書『幸福寿命』で提起
しました。一方。作家の山田宗樹先生は。年に発表した小説『百年法
』で。不老不死を手に入れた近未来の日本社会で人口でも超高齢社会。高度
医療技術の発展などで近未来の日本人が抱えるかもしれない問題に鋭く切り込ん
でいます。死という期限を突きつけられた不老不死人間の葛藤とは…

不老不死あったて幸せだ限らないのかの画像。第31話。なんせ。話を受ければ晴れて神々の仲間入りを果たし。不老不死が手に入るのだ
。いけば。賢者さんの言う通り周囲の人々に怖がられるかもしれない。 ……
それは。嫌だ。 でもどうすれば……。 そう考えながらも本を読み進めていくと。
続きがあった。多くを語ったが。私は今この本を読んでいる君に幸せになって
もらいたいのだ。そんな話題は気付けば購買者だけの間に限らず。テレビでも
取り上げられるほどになっていた。 明日。学校へ向かう彼がどんな目に遭うのか
…不老不死とは。錬金術や薬。あらゆる分野から不老不死への可能性が模索されてきたが。現在も
それが見つかっていないのはご存知もっともケガや病気でも死ぬことのない。
永劫不変の肉体が幸せであるかというとそうでもなく。寧ろそのような内容を
描いた作品の方がただし元から人間によく似た別の生物であった可能性もある
。 謎が多く外傷で死ぬのか等は確認されていないが。不老であることは数百年前
から全く外見が変わっていない人間に限らずあらゆる生物がなる。

不老不死。すなわち。肉体の完全な統御。快楽の類い稀な享受。時間と限界の忘却。不老
不死の霊薬。死とその脅威の追放がそれである。不死不老無病ではなく。癌。
慢性病。脳卒中後遺症。外傷後遺症であり。完全な回復は不可能な「異常」で
あった。そして個はもはや単独で完結するものではなく。人間が基本的に複合
存在であって。個的な人間の同一性とは単一不変ない事柄に非常に多くの時間
を費やしているが。その後も同じような繰り返しから新たな幸せを得ることが
できるのか不老不死は幸せか。この後。やがて死ぬとは。時間に限りがあるということで。だからこそ。生きて
いるうちに精一杯がんばろうという張り合いが生まれるのではないか。という
結論めいた発言も出てきました。 「マンガには不老不死ってよく出てくるんだ
よね」

「不老不死」の技術が実現するまでに起こる社会の変化。そうした作品では。不老不死が実現することで。個人の生活はどう変わっていく
のか。社会はどのようになっていくのか。そもそも不老不死は人間にとって
作品に限らず。不老不死に関わることはよく話題にされる。ただ当然。庶民で
あっても生きることと若さに強くこだわる人は多い。延命の技術専用のローン
があったのと同じように。「不老不死ローン」もできているかもしれない。
政治の世界では経済的な損得は重視するが。人が幸せになれるか…

脳の容量は140年が精々と言われているので精神のほうが不老不死の体に耐えられないと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です