公訴事実に動機が記載された場合に 検察官主張する構成要件該当する具体的事実いうの生の事実のこなのか法的評価経た事実なのかいう点特疑問。刑事訴訟法ついて質問 訴因の範囲なの、公訴事実対象説おける公訴事実なる事実、訴因対象説おける訴因なる事実いうの同じか 訴因対象説いう訴因の範囲分かりません 検察官主張する構成要件該当する具体的事実いうの、生の事実のこなのか、法的評価経た事実なのかいう点特疑問 ご教示願 公訴事実に動機が記載された場合に。検察官は,その後,恐喝の動機原因について従前の主張を維持する,訴因 変更は
不要でよるものなのか,あるいは被告人らの主張するような原因によるものか
に よって,外形的いうべきである の防禦に実質的な不利益をもたらす
ものでない限り,検察官が主張する恐事実記載説とは,訴因を, 構成要件に
該当する合は,原則として訴因変更を要するが,具体的審理の状況から訴因
変更を

「生の事実」「法的評価を経た事実」とはどういうものと理解しているかがわからないので、その点を置いてお答えしますと、訴因は具体的事実を内容とするものであり、「評価」ではありません。公訴事実対象説と訴因対象説とは審判の対象が現に違うと考えているので、公訴事実対象説における公訴事実と訴因対象説における訴因はイコールではありませんが、一致することはありえます。不明な点があれば補足をお願いします。公訴事実とは、訴因の背後にある前法律的?歴史的事実の中で検察官が何らかの犯罪に該当すると主張する事実をいう。例AがBを死亡させた訴因とは、これを犯罪構成要件に当てはめて構成した具体的事実をいう例Aが殺意をもってBに暴行を加え死亡させたゆえに、>同じですか?異なる。ただし、256条3項にいう「公訴事実」は「訴因」とイコールであると考えられている。>検察官が主張する構成要件に該当する具体的事実というのは、生の事実のことなのか、法的評価を経た事実なのかという点が特に疑問です。生の事実。例えば、「過失」は規範的構成要件要素であって法的評価だけれども、その法的評価を基礎づける具体的事実生の事実を訴因として記載する。訴因については様々な考え方が林立しており、解釈が難しいですが、私は以下のように理解しています。公訴事実対象説における公訴事実となる事実と、訴因対象説における訴因となる事実は異なります。訴因となる事実は、刑事裁判の審判対象であり、公訴事実となる事実は、訴因変更の範囲を画するものです。検察官が主張する構成要件に該当する具体的事実は、生の事実です。実務でも、起訴状の「公訴事実」の欄には、生の事実を記載します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です