共同発表:放射性廃棄物は何へ 放射性廃棄物あまり出ないような核分裂うまく利用できませんか。原子力発電現在の方式最適か 放射性廃棄物あまり出ないような核分裂うまく利用できませんか 放射性廃棄物の適切な処分の実現に向けて。日本では。年代から商業用に原子力発電を行ってきましたが。それに伴って
。高レベル放射性廃棄物が発生しています。使用済燃料は。再処理により。
重量にして%が再利用可能ですが。残りの%は再利用できない廃液になり
ます。ガラス固化体は安定した物質で。それ自体に爆発性はなく。放射性物質
が核分裂を起こして大きなエネルギーをを処分する場合には。浅い地中に
ピットのような人工構築物を設置せずに処分する「トレンチ処分」を行うガラス固化体が爆発することはないのですか。当ページでは。高レベル放射性廃棄物についてについて説明しています。
このため。ウランやプルトニウムなどの核分裂性物質はほとんど含まれていない
ため。ガラス固化体が臨界* 状態になることはありません。また。ガラス固化
体には。化学的に爆発を引き起こす物質や引火する物質も含んでおらず。爆発
するようなものではありません。ガラス固化体では。放射性物質がこのガラス
の網目のような構造に取り込まれているので。水に接したとしても放射性物質
だけが

高レベル放射性廃棄物の減容化?有害度低減への挑戦。この研究開発の背景ですけれども。原子力を利用する上で放射性廃棄物の処理?
処分の負担軽減が大きな課題であるということは。皆様御存じのとおりだと思い
ます。そうしますと。マイナーアクチノイドに関しましては。核分裂で核変換
して単純化することが可能です。高速炉型は。燃料の中にマイナー
アクチノイドを%ぐらいまでしか入れられないのですけれども。型は。燃料
のその後。それを照射した後の照射後試験で。どのような挙動があるかが
わかってくる。共同発表:放射性廃棄物は何へ。放射性廃棄物である長寿命核分裂生成物LLFPの有害度低減に向け。重
陽子による核破砕反応でLLFP核破砕反応でLLFPがどのような原子核に
どれだけ変換されるかを高精度に予測する計算手法を開発した。方法として。
加速器で発生させた粒子をLLFPに照射し。そこで起きる核破砕反応を利用
するものがあります。技術は長年にわたって研究されていますが。LLFPを
分離回収?核変換処理する技術は。まだあまり研究が進んでいません。

高レベル放射性廃棄物処分懇談会報告書案。高レベル放射性廃棄物処分の為の深地層研究は。北海道幌延に見られるように
一向に進まないのが現状である。深地層ないか。この点も研究していると思う
がこのようなことが若しあったなら公開し広く意見を求めて早期高レベル放射能
廃棄物対策を進めるべきだ。放射性廃棄物の処理は国の政策として実施すべき
で電気事業者のみに責任を負わすべきでない。その上で国〔理由〕原子力利用
を核分裂によって行う限り高レベルなどの放射性廃棄物の発生は続くこととなる
。いくつ

「放射性廃棄物があまり出ないような核分裂」ってのがあるんなら利用するだろうけど。それってどんなの?放射性廃棄物が半分しか出ない技術革新があったとしても4倍の規模で展開すれば倍増してしまいます。展開規模を半分にすればそれだけで放射性廃棄物の増大は半減化するわけです。放射性廃棄物の総量に着目するならば、技術革新に頼らずとも展開規模の抑制が最も効果的といえるわけです。そういう意味では結局は動かさずじまいになろうとも既存の原発を動かすかどうかの判断に年月をかける現在の日本の方式は最適とは言えないまでも原発を巡る状況に適してはいるのでしょう。▲まもなく原発時代を終了しようとしている、フィンランドやスウェーデンは原発愛好国:日本に次のようなアドバイスをくれています。▲1本の燃料棒の中ではウランが燃料として詰められますが、燃焼核分裂反応すると自然発生的にプルトニウムが生成され、燃焼中のウランと混合し、MOXのようになり、プルサーマルのように燃焼されて、やがて4年もすれば、不燃物ウランと残渣になります。このように、1本の燃料棒の中には、既に“核燃料サイクル”があるので、この原理を十分に利用するべきである。▲日本では約13ヶ月毎に燃料棒を取り出し、プチプチ切って、化学的処理をして“良い燃料”だとか、“良い資源”だとか言ってプルトニウムを取り出し、巨大な“核燃料サイクル”設備で燃焼しようとしていますが、非常に不経済である。“核燃料サイクル”は一本の燃料棒の中に既に存在し、プルトニウムなど抽出する必要はありません。▲この観点にたって、燃料は4年間は燃焼し使い切り、地層処分するのが最も経済的である。途中で取り出し化学的処理などするから、高濃度廃棄物廃液が出て処分に苦労します。ワンスルー処分とすべきです。<原子力発電は現在の方式が最適ですか?> 日本は原発を利用する以上まだまだ改良点があり検討すべきです。特にワンスルー処分は見習うべきです。最適は存在しない。安定点は存在しないのだ。物理法則に反する技術は存在出来ない。いい加減、妄想カルト政治宗教の商売宣伝からおつむを引きはがさなければ滅びる。最適ではありません。むしろ『最悪に近い』と言えましょう。原子力発電にはウラン235を用いる軽水炉とは異なるトリウムを使う『溶融塩炉』と言うものがあります。 日本でも、提案されましたが、『プルトニウム239』が作り難いため、採用されなかったと聞きました。 原子力発電は『プルトニウム239の製造』が『必要条件』だったようです。いわゆる第4世代原子炉は、ウラン238も燃焼させます。もうないウランとも言われるウラン238はウラン資源の99.3%を占めますが現在の軽水炉はウラン235を燃焼させます。ウランの0.7%ですが使用済み核燃料にはプルトニウムがウラン238が中性子を1個か2個吸収しプルトニウム239かプルトニウム240になっていて、再処理してMOX燃料として再使用出来ますこれを2回繰り返しますが大量の劣化ウランと言う副産物ができるのです。劣化ウランは殆どウラン238ですが、最初から高速炉、高速増殖炉の燃料としてMOX燃料を燃焼させたら高速増殖炉はマイナーアクチノイドと言うウランよりも重い放射性物質も燃焼させて、核廃棄物は重さが60%にまで減って、300年ほどでほぼ放射性物質が消えますその他に加速器駆動未臨界炉と言う原子炉は軽水炉で2回使用した使用済み核燃料も良く燃焼させて核廃棄物も少なくなり300年ほどで放射能が消えるとされています2050年までにはこれらの原子炉が稼働するとされています方式としてはいろんな方式が研究されていて、日本で使われている軽水炉でウランを焚くのが最善というわけではないです。まあでも核分裂だから、核廃棄物は出るのよね。最適ではないと思いますが、ウランかプルトニウムを使うのは、原料の入手性から他のものでは今のところ成り立たないということのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です