原始仏典を読む 仏典の中で最古いのスッタニパータダンマパダやウダーナヴァルガ大パリニッヴァーナなど年代ののか。仏典の中で最古いのスッタニパータ、ダンマパダやウダーナヴァルガ、大パリニッヴァーナなど年代ののか スッタニパータの場合、少なくアショーカ王の時代以前 成立ていた経典よね 仏典の中で最古いのスッタニパータダンマパダやウダーナヴァルガ大パリニッヴァーナなど年代ののかの画像。原始仏典を読む。代表的な原始仏典『スッタニパータ』『ダンマパダ』『テーラガーター』など
から主要部を読みながら,釈尊の教えと生涯を平明に解読していく.1 パーリ
語仏典―総説/2 最古の経典―『スッタニパータ』/3 人生の指針―『
ダンマパダ』/4 真理をたたえる―『ウダーナヴァルガ』/5 ブッダ最後1
慈悲/2 慈悲の徳/3 慈悲の理想/4 なぜ他人を愛するのか/5 人生の幸福/
6 人間の理法

ブッダの真理のことば?感興のことば。最も早いお届け日 明日ブッダのことば スッタニパータ 岩波文庫 – 中村 元
文庫 ¥,原始仏典 ちくま学芸文庫法句経』の名で知られる「真理の
ことば」ダンマパダも。併収の「感興のことば」ウダーナヴァルガも。ブッダ
のもちろん。これらがあったからこそスッタニパータやダンマパダなどの教え
に導かれていくのだろうけれども。その部分。自分の中でもどこか違和感を感じ
ざるを得ないところがありました。ダンマパダのなかでは最良の書籍だと思い
ます。原始仏典を読む。第1講 パーリ語原始仏典についてパーリ語仏典―総説;最古の経典―『
スッタニパータ』;人生の指針―『ダンマパダ』;真理をたたえる―『ウダーナ
ヴァルガ』;ブッダ最後の旅―『大パリニッバーナ経』;仏弟子の告白―『
テーラ

原始仏教。そのなかで。本来お釈迦様はどのようのことを説かれたのかということを探るに
は。原始仏教の研究は欠かせません。現在に現在。最古層の原始仏典として。
『阿含経』※の小部クッダカ?ニカーヤの経典※が注目されています。
なかでも『スッタニパータ』はもっとも古く。あるいはお釈迦様の生の言葉が
韻文として伝えられているのではと考えられています。現代に伝わる貝葉
ヤシの葉などの写本は最古のものでも1世紀をさかのぼることはできないそう
です。

仏滅100年頃の第二回の結集が行われた後、仏教教団は上座部と大衆部の二つに分裂根本分裂し、その後分裂を繰り返し20の部派が成立したといわれています。戒律は『律蔵』に説かれていますが、僧団の分派に従い20の部派ごとに伝持されたといいます。?たとえば、”四分律”の所属部派は法蔵部でした。この”四分律”の中に、こんな記述があります。?『ソーナという比丘が義品経スッタニパータの中のお経を釈尊の前で全部残らず説いたので、釈尊からお褒めの言葉を受けた』同様の記述は”大品”にもあり?以上によって、水野弘元博士は、義品経が釈尊在世からすでに成立し、弟子たちによって学習されていたことが分かる『経典はいかに伝わったか』水野弘元/佼成出版社と述べておられます。阿含経相応部?雑阿含の中に、スッタニパータ第4、5章が権威ある詩偈としてしばしば引用され解釈されています。また、55のダンマパダの詩偈が引用されています。大衆部?化地部?法蔵部?飲光部が、『ダンマパダ』という同一名によってこれを伝えていたことが知られています。◆このことから、ニカーヤ阿含経の成立よりも、スッタニパータ第4、5章とダンマパダは先に成立根本分裂以前に成立していたと考えられるのです。最古の経典といっても、それは成立の原型のことを意味するのであって、決して筆録、或いは写本自体が古いわけではありません。しかし諸種の記録を文字で書き表すことは、アショカ王の時代には行われていました。アショカ王碑文の法勅紀元前三世紀です。?碑文の中には「聖者の偈」「寂黙行の経」といった『スッタニパータ』の中の経典に言及しているものがあります。◆年代を確定する資料に乏しい古代インドの歴史に、アショカ王碑文は確実な情報を提供する貴重な資料となり得ます。スッタニパータはアショーカ王紀元268─232年以前に成立していたと考えられます。ブッダの教えは口承によって伝えられたわけですから、韻律節をつけて唱える歌のようなもの、同じ詩を繰返すという方法で暗誦の便を図っていたことが知られます。民謡のように「決まった節回し」韻律によって師匠~弟子ヘと受け継がれていったわけです。A?K?ワーダーは、韻律の発展史の立場から、ヴァッダと呼ばれる韻律一句が八音節で、異なる形式の二つの詩が交互に繰返されるで説かれる『スッタニパータ』は、『ジャータカ』や『テーラーガーター』『テーリーガーター』『ダンマパダ』などの初期経典よりも古いと指摘しています。『スッタニパータ』仏教最古の世界/並川孝儀/岩波書店尚、スリランカに伝わって書写された仏典は、小乗二十部の中の上座部系に属する分別説部の所伝のものだそうです『佛教書誌学』坪井俊英/仏教大学そんなに、ゴーダマの修行法をしりたいのですか?それは特別なものではありません。インドにおける、梵我一如 の体験を目指した、伝統的なものでしょう。インドではその体験を悟りといいましたし、現在でもそうです。悟りとは一般人から見た呼び名であって、全知全能を得ることではありません。当事者にとっては一つの体験にすぎません。その証拠に、原始仏典を見てください。ゴーダマが悟りの後でも悪魔の誘惑を受けているではないですか。当時の人でさへ、ゴーダマが全知全能であったとは考えられていなかったのです。ゴーダマがすごいところは、その過程を包み隠さず開示したことです。如来の教えは公明正大であり、隠されたところがない。ここにあなたは何を感じますか?ゴーダマブッダは、生まれながらのスーパースターではなかったのです。我々と同じような境涯の中にいたのです。その彼の6年間の物語が前編です。格好のよい話ばかりではありません。スジャータ村の話など、普通の「聖人」なら隠すところではないでしょうか。後編は、体験したあと、いかに生きるかです。悟ったとしても、相変わらず肉体をもつた存在です。そこをどう生きるかです。悟りの中にいかにとどまるか。>>ゴーダマの修行法ゴーダマの6年物語は四門の教えから始まるでしょ。この四門の教えを実感すれば、修行法を人に聞くこともなくなるでしょう。これは、人の病苦をみて、私こそ、死にいくものであるという。100%の実感です。貴方は癌で余命幾ばくですと宣言された ガーンと来た実感です。宮中のだれもが、他人事であるとしか考えまえんでした。彼らはおろかである。だれも自分こそ死ぬものであると思っていない。私は、自ら死ぬとしり、すべてのやる気をうしなった‥‥123の次はたくさん。4以上の数が実感できない我々と違ってたんですね。そこで、いずれ滅び去る私ではなく、真我があるとされていた 文化圏。真我を目指して旅に出たのです。社会の教科書も、4門の教えが書かれてるでしょ。八正道がうんたらかんたらとか、どーでもいい。この我こそ死に行くものであるという、実感が原始仏教の核です。ダンマパタ→スッタニパータとならび現存経典のうち最古の経典といわれている。かなり古いテクストであるが、 釈迦の時代からはかなり隔たった時代に編纂されたと言われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です