太陽の周りを回るのは なぜ地球太陽の周り回っているんか。なぜ地球太陽の周り回っているんか なぜ。公転している理由は。かつて太陽系全体の材料になったとても大きなガスの
かたまりが中心の星太陽のまわりに集まってきたときに。もともとガスの
かたまりがゆっくりと回転していたために。持っていたエネルギーが中心に集め
られ太陽の周りを回るのは。太陽を1周する時間は。遠い惑星ほど長くなります。地球は1年ですが。太陽に
最も近い水星は。3ヶ月弱。そして太陽から最も遠い海王星は???。165年
もかけ。太陽の周りを1周しているのです。 太陽の周りを回るのは? 太陽の周りなぜ地球は太陽の周りを公転しているのでしょうか。そのやり方を続ける限り。いくら外から何かを搬入しても地球の公転運動軌道
は変わりません。 閲覧数回 · 人の高評価した

太陽はまわっているの動いているの。太陽は。朝東からのぼり。夕方には西にしずんでいくために。わたしたちから
見ると。太陽が地球のまわりをまわっているように感じます。地球は太陽の周りを回っているのに。地球は太陽の周りを回っているのに。人は回っているように感じないのはなぜ?
–ません。おまけに地球は何もない宇宙空間をスムースに進んでいて
揺れないので。私たちは動いている地球に乗っているなんて気がつかないのです
。太陽と月。西」にしずむのはなぜだろう? 毎日。太陽は「地球の動きとどう関係している
のかみんなで考えてみよう!地球から見ると。太陽の方が動いているように
見えるけど。実は地球の方が回っているんだ。月は地球のまわりを回っている

地球はすごいスピードで動いている。地球は度傾かたむいた状態じょうたいで自転しながら。太陽のまわりを
まわっている。そうすると。地球から見た太陽の方向は。公転している間に
どんどん変わっていくよ。これが地球に四季をもたらしているんだ。 か月とか
年は

前の惑星が最後を迎えた後、宇宙に漂っていたガスが円盤上にに集まりその中心に太陽が出来、その余りで同じとき地球が出来たので、地球は太陽に向かって落ちていかないように太陽の周りを回っているのです。 回るのやめたら太陽に落ちて溶けてしまいます。それは本当は謎だと思うのです。科学ではもう誰もが知っている通りに宇宙に大量に浮いている物質が集まって来て、中央に太陽、周りに地球などの惑星が出来た事になっています。これで果たして地球等惑星が太陽の周りを回る、普通はこれは公転と言われるのですが、何故こうなるのか?本当は謎だと思うのですが、それで誰もが思っていたし、特に科学者は知っていたとしているのですが、宇宙に大量に物質が浮いていると自然に全体が回転をしていたと言うのです。果たしてそうでしょうか?例えば全体の遠くまで回転になっているのでは台風です。回りに十分な雲の群れがあります。そして中心は穴が開いてます。即ち恒星が1つ独占して重さを持つようにはならないのです。しかし太陽の重さは99.85%で,外の惑星の重さが残りという事です。ところが公転している惑星を考えると,全ての惑星は重さが配分されていなくてはならないのです。それでなければ公転の力が遥か遠くまで及びません。 公転の力が遥か遠くまで及んでいるのでは,恒星の重さも外の惑星と同じような比率にならなくてはならない事になります。こういう事で恒星太陽は,木星程度の大きさにさえ成り得たかも疑問です。惑星と比べると太陽が極端に巨大なのですが,これはもし遠くまで重力の力が及んだとしますと,引き付ける力で地球はおろか木星も遥か遠くの冥王星でさえ、ただ引き込んで来てしまう筈です。引き込むという事ではこれも例えですが、水道の水を洗面上の穴を塞いで一杯に入れて、それからその穴を開けると水がそこに落ちて行きます。水が少なくなって行った時に水の渦が起きます。未だ水がタップリの時は上で渦が起きてません。穴に近くなって行って、始めて渦になって行く事に似て、周りにある物質があっても、近くにあって回転が起こるようなものです。遠くになるほど、単に物が浮いているような状態です。遠くにある物が太陽に引き付けられて来て、近くに来てようやく回り始めます。しかしその水もその穴に落ちて行きます。科学では周りの物質が集まって太陽や惑星になっているとしてますが、この例を考えると遠くからも太陽が引っ張って来るだけで、とても惑星が回転公転になるように思えません。こういう事で私は、宇宙の見方が全く違う出来方をしている考えをして来ました。そして太陽恒星は最初から熱の塊であったのです。そして惑星は太陽恒星かた飛び出物質が集まって出来ました。これでは太陽の自転の動きをそのまま受けて飛んで行ったので、公転している力は太陽の自転をそのまま受けた事になります。こういう事で何故そうなるかも含めて、宇宙全体を見直したもので回答しているので載せてみます。 さて遥か遠く冥王星を超えても未だ向こうにまででさえ、公転%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です