日本弁護士連合会:日本弁護士連合会 ただ解決の方策て一時的男性女性優位な方策政策取って女性本位な社会なるの却って男性蔑視女尊男卑の傾向助長かねない危機抱いている次第。女性の社会進出や地位向上の動きついて 女性の社会進出や地位向上の動きついて 今、世の中で女性の社会進出や、弱い立場の転換風潮あり、女性っ上げるべきの声高まりつつ 男性、て賛成で、女性男性平等、対等な社会なれば理想だかねてつくづく思って か、昨今の風潮やりすぎで 思う一面あるの事実 男尊女卑ならぬ、「女尊男卑」な風潮 「亭主関白古い、時代遅れ」いうの分かります か、で女性男性強い権力持つ訳でありません 勘違いなさらないで欲いのあく対等、平等な関係だいうこ 亭主関白許されず、かかあ天下許される、いう風潮逆性別差別主義逆転た形なっただけで女性蔑視男性蔑視転換ただけだ、いうこ 他例あげればキリない、瑣末なの挙げるすれば、女性専用車両、映画館なレディースデー、などなど いずれ男性専用車両、メンズデーなどありません 女性の地位向上確か果たせてきて、地位向上た、いう性別差別逆なっただけであって未だ性別蔑視の動き無くなっていないの 確か、まだ女性男性平等、対等だ言えない部分多々 雇用面などでまだまだ女性下見られているこ確かで改善要する点たくさん存在ます ただ、解決の方策て、一時的男性女性優位な方策、政策取って女性本位な社会なるの却って男性蔑視、女尊男卑の傾向助長かねない危機抱いている次第 問題ついてどう思か 解決の方向性誤っているふう思 人はなぜ男女差別をするのか:無意識の偏見の解決方法碓井真史。現代社会では。言動が男女差別と判断されると。大きな非難を受けることになり
ます。今回は。日本どころか世界からも批判が来ましたし。ネット上でも「#
わきまえない女」など。活発な発言が

?女性専用車両を許せない男?が女性に抱く6種類の怒り。ツイッターには「ミソジニスト」と呼ばれる女性嫌悪に満ちたアカウントが存在
する。彼らはなぜ女性に怒りを抱いているのか。性問題の解決に取り組んでいる
ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾氏は。「彼らは抽象概念日本弁護士連合会:日本弁護士連合会。女子差別撤廃条約1条に定める。女性に対する差別に適合する差別を定義する
法律が定められねばならないが。男女共同参画社会基本法。男女雇用機会均等法
以下「均等法」という。ともに。差別する目的。意図はなかったにも
かかわらず。

その通りです。女性優遇に味方することで色々な利益を狙ってる蛆虫がいます。女性優位な方策や政策とはなんですか?抽象的な質問はやめましょうww女性専用車両なんて地方差別でしょう。私の地域にはないです。おかげで学生時代は痴漢に遭ってばかりな上トラウマ引っ掻き回されて精神を病みました。男には分からない事ですが。>男尊女卑ならぬ、「女尊男卑」な風潮。一部だけ見ればそういうこともあるかもしれませんが、全体的に見ると実はそうでもなく女性への負担は大きいです。>メンズデーなどはありません。メンズデーはありますよ。女性専用車両については、確かに「なんで女性専用なんだよ!」と思うところはありますが、冷静に考えれば、もちろん女性は痴漢の被害を受ける可能性がありますしその危険が少なくなることは良いことで、更に男性諸君も痴漢冤罪などという醜いものに巻き込まれるリスクが軽減されています。逆に言えば、本来女性は痴漢が無ければそもそも「痴漢に怯えること無く安心して乗れる車両」なんかに乗る必要はなく、『男女不平等』ではあっても『女性優遇』では決して無いのではないでしょうか。男性専用車両を作れ、という反論も勿論わかります。しかし、男性しか乗れない車両と女性しか乗れない車両を作ったとして物凄く不便になることは想像に難くありませんし、やがて混雑する時間帯でどちらかの専用車両が多くなった場合「性差別だ」と不満が噴出することになるでしょう。レディースデーにつきましても、結局は集客戦略の一つであり「性差別」であることは間違いありませんが、「女性優遇」であり「男性冷遇」ではありませんし、それによって我々男性が実害を被っているわけでもありません。こちらも女尊男卑にはあたりません。本質はそんなことではないと思います。日本では積極的格差是正措置の男性差別が公然的に認められていることが問題なのだと思います。男女格差を埋めるために、政府は様々な優遇措置を取ってきましたがそれによって男性が損をしているケースが多々あります。例えば会社の役員について、確かに女性役員がいないというのはおかしな話だとは思いますが、そもそも役員とは会社を発展ないし存続させるための頭脳として能力の高い人材を選ぶべきであって、女性だからといって能力のない女性を無理に雇用することは、本来選ばれるはずの能力のある男性を冷遇してしまう結果になります。「指導的立場に女性が占める割合が30%以上にする」というような政府の見解や、法令は上記のような問題を生む危険性を孕んでいるのです。他にも、大学入試では女性優遇措置が取られていることが場合もあります。女性を優遇するあまり男性を冷遇してしまう。あるいはその逆も。積極的格差是正措置は本来もっと批判されるべきなのです。そして積極的格差是正措置が肯定され続ける限り、真の「男女平等」というのはありえません。こうした施策は、平等であるはずの男女に「女性は劣っていないのに、劣っているような扱いがあるから、政府が下駄を履かせている」というようなそもそも批判をかわすだけのその場しのぎのもののように思えます。女性専用車両もレディースデーも、女性差別を謳い文句にした女性優遇ではなく、「ちょっと優遇しとけば誰も文句は言わないだろう」というような考えが透けて見えるのです。そして、それに異を唱えない自称フェミニズムのオバサン達も、フェミニズム気取りで人気を求めるおバカ有識者も、女性優遇を求めるだけの政治屋も、この世の中には蔓延っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です