民法債権関係改正2020年 反対給付引き換え取得た財産返還させられた受益者債務者対反対給付の返還困難であるき価額償還請求できます。改正民法関ての質問

改正425条の2で

反対給付引き換え取得た財産返還させられた受益者、債務者対反対給付の返還、困難であるき価額償還請求できます なって、反対給付の返還わかるの、価格償還なのか理解できません

ご存知の方いらっゃいら、具体的な例で 宜くお願いいたます 民法債権関係改正2020年。債務者がその反対給付の返還をすることが困難であるときは。受益者は。その
価額の償還を請求することができる。権が行使されると。詐害行為の効力は
否定され。逸出した財産は債務者の元に返還されることになります条の6
。そして。受益者が財産を取得するために反対給付をしていた場合。受益者に
その反対給付の返還請求を認めたのが本条です。受益者が反対給付の返還を
同時履行の抗弁権として主張することができるのかについては今後の解釈に委ね
られている

11。ことができる。債務者が当該反対給付の返還をすることが困難であるときは。
受益者は。価額の償還を請求することができる。を返還したときは,受益者は
,債務者に対し,当該財産を取得するためにした反対給付の現物の返還を請求
することができるものとする。この場合この指摘を踏まえ,受益者の反対給付
の取扱いを可能な限り簡易に処理することを優先させたものである。 本文第2
文民法425条の2債務者の受けた反対給付に関する受益者の権利。が取り消されたときは。受益者は。債務者に対し。その財産を取得するために
した反対給付の返還を請求することができる。債務者がその反対給付の返還を
することが困難であるときは。受益者は。その価額の償還を請求する

簡単?分かりやすい民法改正解説~シリーズ10。反対給付と引き換えに取得した財産を返還させられた受益者 債務者に対し反対
給付の返還。またはそれが困難であるときは価額償還を請求できます改正案
425条の2。 ◇弁済等が取り消されて受け取った財産を返還

?債権者A、債務者B、Aの債権者C?のとき、AがBとの間で、甲土地と乙土地の交換契約をしたところ、Cが、詐害行為取消請求をし認容された。なお、Aは、既に乙土地をDに売却していた。この場合、Bは、Aに対して乙土地の返還を請求することはできません。Aは、乙土地の所有権者ではないから。だから、Bは、価額償還するほかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です