民法202条本権の訴えとの関係 本権関する理由基づいて裁判するこできない本権基づく反訴提起するこできる。占有回収の訴えついて
本権関する理由基づいて裁判するこできない、本権基づく反訴提起するこできる

1.上記ついて、なり下記のよう解釈たの正いでょうか 所有権者A、時計奪われた場合占有回収の訴えよって裁判た
場合、A本権(所有権)基づいて占有権主張するこできない

一方、奪った方(Bする)、「所有権B持っているんだ 」反訴するこ許される

いうこでょうか

2.なぜ、所有権者A所有権基づいて占有権主張できないのでょうか 2020。占有の訴えに対して本権に関する理由に基づいて裁判することはできない民法
条項。よって,占有の訴えに対して防御方法として本権の主張をなすことも
許されない。しかし,占有の訴えに対して本権に基づく反訴を提起することを
認める

民法第202条本権の訴えとの関係。今日。解説する民法202条は。民事訴訟法の知識もからんできますので。
かなり難しいです。2項占有の訴えについては。本権に関する理由に基づいて
裁判をすることができない。さらに。もう一つの方法として。所有権に基づく
妨害排除請求をすることもできるのです。占有の訴えを提起された側。つまり
。さきほどの具体例で言えば。Bさんは。防御方法として。本権の主張をする
ことが勅使川原。救済による不利益を避けることができる。とする見解がある田中英夫=竹内昭夫
『法の実現における私人の役割』昭六二一二 一頁以下。奥田昌道「占有の
訴に対して本権に基づく反訴を提起することの許否 昭四〇年三月四日最一判 判
批」民商法雑誌五三巻四 号 昭四一こと。および占有の訴えが本権に関する
理由によっては裁判できないことは。ローマ法的占有訴権の基礎概念とい われる
が。

民法物権。② 占有の訴えについては。本権に関する理由に基づいて裁判をすることが
できない。即ち。これらを別々に提起してもよいし。一方で敗訴しても他方を
提起できる。相手方は。単なる攻撃防御方法としての本権の主張は認められ
ないが。本権に基づく反訴を提起することは許される最判昭。民法。提起することができる。 2.抗弁事由 占有の訴えは,本権に関する理由に
基づいて裁判をすることができない注。 判例要旨 ◇ 反訴の提起 占有
回収の訴えに対して,本権に基づく反訴を提起することはできる最判昭
。民法202条本権の訴えとの関係。というのは。要するに占有の訴えと本権の訴えは相互にその行使を妨げない
ということです。この場合。所有者は。所有権に基づく所有物返還請求権本
権の訴えだけを提起してもよいし。占有回収の訴えと本権の訴えは別の
目的を有するものであるから。占有の訴えについて。本権に関する理由に基づい
て裁判をすることができませんその裁判で占有の侵奪だけを審理されるのを
待っているだけではなく。反訴という形で本権の主張をすることはできると考え
られています

民法。本権に関する理由に基づいて裁判をすることができない民法第条。の
条文の問題として共通しているのですが。何故問の肢は所有権に基づく返還
請求の訴え提起出来ず。問 肢 の場合は出来るのかが抗弁と反訴の
違いについては。どなたか達人の方の詳しい解説をお願いします。

前提Aが所有する自転車をBが盗んだ。これを知ったAが、Bから自転車を取り返した。そこで、BはAに対して、占有回収の訴えを提起した。①この場合、Aは自己が所有権者であることを理由として、請求棄却を求めることはできない。②他方、Aは、反訴により所有権確認の訴えをすることができる。①の理由は次の通り。占有回収の訴えは占有という事実状態を保護するための制度であって、本権の有無を審理するための制度ではない。また、①においてAの主張が認められるとすると、自力救済を容認することになるので、近代法の観点から認めるべきでないことがあげられる。ちょっと理解が逆なんだよね例としてあげれば、①Aは甲時計を所有していた②しかし甲時計はBが占有所持している??法的根拠は不明③そこでAはBから甲時計を取り上げた④Bは怒って占有回収の訴えを起こしたこの時にAはBの占有回収の訴えに対して、「だって僕の所有の時計なんだもん」を言えないという事それなら所有権に基づく返還請求の反訴反訴ってわかります?を起こしてよ??の意味です意味不明の妄想を前提に意味不明な条件設定をしているのでということでしょうか?と聞かれても答えづらいとりあえずちがうかな2.なぜ、所有権者Aは所有権に基づいて占有権を主張できないのでしょうか?とか言う訳のわからん条件設定をして質問しているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です