芝工大岩下光一遊撃手21十七日東京目黒の八芳園で行われた芝工大の祝勝会の席上パ?リーグ東映入り明らかた。元東映の岩下光一選手知って 1961年

芝工大岩下光一遊撃手(21)十七日、東京目黒の八芳園で行われた芝工大の祝勝会の席上、パ?リーグ東映入り明らかた 同選手今秋の東都大学最高殊勲選手 春、秋の全二十五試合連続安打いう快記録作り芝工大初優勝の立て役者なった 1?69、68?、右投げ右打ち、宮崎県大淀高出身

岩下選手の話 熱心誘ってくれた東映決め 力いっぱいやります 岩下光一。年芝工大岩下光一遊撃手は十七日。東京目黒の八芳園で行われた芝
工大の祝勝会の席上。パ?リーグ東映入りを明らかにした。同選手は今秋の東都
大学最高殊勲選手。春。秋の全二十五試合に連続安打という快岩下光一。芝工大岩下光一遊撃手は十七日。東京目黒の八芳園で行われた芝工大の
祝勝会の席上。パ?リーグ東映入りを明らかにした。同選手は今秋の東都大学
最高殊勲選手。春。秋の全二十五試合に連続安打という快記録を作り

知らなかったので調べました。大淀高校では、3年時の1957年に夏の甲子園宮崎県予選を勝ち抜くが、東九州大会1回戦で鹿児島商に敗退。高校卒業後は芝浦工業大学へ進学し、東都大学野球リーグでは三番打者?遊撃手としてプレー。1961年秋季リーグで芝工大の初優勝に貢献し、同年の最高殊勲選手に選出される。ベストナイン3回二塁手1回、遊撃手2回受賞のほか、石毛宏典と共に25試合連続安打の東都大学リーグ記録も保持。大学同期にはエースの石井栄三リッカー、四番打者の小川幸一国鉄がいる。大学卒業後の1962年に東映フライヤーズへ入団し、同じ新人の青野修三と二遊間を組む。1年目からレギュラー遊撃手として128試合に出場し、球団初のリーグ優勝?日本一に貢献。阪神との日本シリーズでは全7試合に先発。第5戦で延長11回に小山正明からサヨナラ2点本塁打を放つなど、28打数8安打6打点と活躍し優秀選手賞を受賞した。その後もレギュラーとして起用され、1964年には打率.288ベストテン8位の好記録を残す。1966年は故障もあって12試合の出場にとどまり、定位置を佐野嘉幸に譲る。1968年は二塁手として復帰し、その後もユーティリティープレイヤーとして内野全般をこなす。1970年には三塁手として72試合に先発出場したが、1971年限りで現役を引退。 引退後は東映?日拓?日本ハムで一軍内野守備コーチ1972年 – 1973年→二軍監督1976年, 1979年 – 1983年→二軍コーチ1977年 – 1978年→一軍守備?走塁コーチ1984年を務め、在任中は島田誠を育てたほか、二軍監督時代の1980年にはチームをイースタン?リーグ優勝に導く。退団後はテレビ埼玉「ヒットナイター」解説者1985年を経て、張本勲の要請で1986年はピングレ?イーグルスのコーチに就任。退任後は福岡ダイエーホークスのスカウトを経て、クラブチーム「全府中野球倶楽部」技術顧問や国士舘大学コーチも務めていたが、現在は退任。 通算922試合出場。2678打数 679安打 20本塁打 186打点。打率.254日本シリーズ優秀選手賞:1回 1962年背番号2 1962年 – 1971年74 1972年 – 1973年70 1976年 – 1983年84 1984年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です