観音のご利益 今昔物語集の?観音様のご利益?って結局伝えたいんか。今昔物語集の?観音様のご利益?って結局伝えたいんか 文章の主題 2016年センター古文『今昔物語集』。古文は『今昔物語集』巻第十六「隠形の男。六角堂の観音の助けに依りて身を顕
はせる語こと」第三十二。して向かってきたので。「高貴な方などが
いらっしゃるのだ」と思って。男は橋の下に急いでおりて。隠れていると。この
火をともした者たちは橋の上を東の方に過ぎていった観音様の御利益には。
このような珍しいことがあるのだ。と語り伝えられているということだ。巻四第二十八話。巻第話 天竺白檀観音現身語 第廿八今は昔。釈迦が涅槃に入った後のことです
。摩訶陀まがだ国に伽藍がありました。名を□□寺といいます。その寺の堂
に。白檀びゃくだんの観音菩薩の像がありました。彼に出会った人がそう
伝えたということです。今昔物語集 巻四 護法清弁二菩薩空有諍語 第廿七 今は
昔。天竺の摩訶陀まがだ国に。護法菩薩という聖人がありま

わらしべ長者。日本人にとって。観音菩薩はもっとも親しまれている尊い仏さまのお一人と
いえるでしょう。それゆえ。昔から人びとは。観世音菩薩を念じれば。除災
招福のご利益があると信じてきました。そして日目をむかえたとき。僧侶に
姿をかえた観音さまが現われ。男に仏さまからの授け物を与えると約束しました
。この場面は。「わらしべ長者」のもとになった。中世の説話集『今昔物語集
』巻第十六「長谷にまゐりし男。観音の助けによりて富を得たる語 第二十八」奈良の霊験譚を訪ねる。観音さまのご加護で幸せを手にしたり。特別な法力で怪物と戦ったり。 奈良には
。不思議なこれは観音様からの賜り物だからと男は悩みますが。結局差し出し
。お礼としてミカンを受け取りました。さらに歩くと。になりました。今昔
物語集 第十六巻二十八話奈良時代に創建され。本尊十一面千手観音菩薩は
古くから眼病平癒にご利益がある観音様として知られてきました。本堂の脇には
。お

はじめに。神仏習合は仏教が日本に入って固有の神祇信仰と融合してできた。日本の独特な
信仰様 式である。霊異記』7と『今昔物語集』8という両説話集を
取り上げる。説話集自体が。行基菩薩を誹った口禍で。死後地獄の責め苦を
体験し。蘇生後。懺悔し。行基に帰依の各時の世相をも伝えている。験を
高揚しようとしているが。結局奪衣婆の衣奪いを止め。蓮秀が法華経の持者で
あるこがって。この話に出てきた賀茂明神は。神である同時に。観音菩薩の
垂迹でもある。だか今昔物語集の?観音様のご利益?って結局伝えたいんかの画像。観音のご利益。必ず詣でて礼拝すべき観音様であると。語り伝えたと言うことです。 おわり。
しょうげんの一言。観音様の現世御利益の話は。今昔物語に沢山あります。

それはもう、その表題教科書だか参考書だかのとおり、「観音様のご利益のありがたざ」が、文字どおり「主題」だし、「だから、みんな、観音様を信仰しましょう」ということが「伝えたい」んだけど、どういう話を通じて、それを言っているかが、面白いところなんじゃない?「今昔物語集」に、観音様のご利益を主題とする話なんて、ごまんとあるけど、どれのことなの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です