計算過程ついての画像 計算過程ついて。複素積分 ∫[ ∞, ∞] (sinx/x)^4 dx 計算過程ついて 計算過程ついての画像。譲渡所得税の計算方法についてわかりやすく説明する。不動産マンション?戸建て?土地を売却するときに利益が出た場合には譲渡
所得税がかかります。こちらでは不動産売却における譲渡所得の計算方法
についてわかりやすく説明しています。確定申告の医療費控除について計算方法など。その要件や算出方法。対象となる医療費を見ていきましょう。 医療費にかかる
所得控除については。医療費控除以外にセルフメディケーション税制があり。
どちらかの選択適用となってい相続について<相続税の計算方法>。相続について<相続税の計算方法> どんなときに相続税がかかるのか 相続税は
。財産を相続した人にかかる税金です。亡くなった人が持っていた財産から。
非課税のもの。債務?葬式費用等を差し引いたものに対して相続税がかかります

分散の意味と二通りの計算方法。分散が小さいほど「全員が平均に近い」と言え,分散が大きいほど「平均から
遠いデータが多い」と言えます。 このページでは,分散の意味や分散の定義式の
理由,そして分散を効率的に計算する方法について解説します。これの答えは√5/2なのですが計算過程が分かりません。これの答えは√/なのですが計算過程が分かりません!教えてください/ついて
ないところです し くこのくれ + = とする。 ので中1数学『正解することよりも計算過程が大切。こんにちは。誠泉塾新倉敷駅前校の和泉です。 私が中学年生の数学の授業で
正負の数の四則計算を教える際に最も注力している箇所。 それは「答えがあって
いるかどうか」ではなく『計算過程が正しいかどうか』です。

「計算過程」に関連した英語例文の一覧と使い方。「計算過程」に関連した英語例文の一覧と使い方増分圧縮の第一過程について
の出発点を計算しなさいナチュラルコンピュテーションは自然系における計算
的過程。特に自然において見出される学習アルゴリズムについての学問である。

∫[x=-∞→∞] sinx/x^4 dx=2∫[x=0→∞] sinx/x^4 dx=2[-1/3x^3sinx^4][x=0→∞] -2∫[x=0→∞] -1/3x^34cosxsinx^3 dx=8/3∫[x=0→∞] cosxsinx/x^3 dx=8/3[-1/2x^2cosxsinx^3][x=0→∞] -8/3∫[x=0→∞] -1/2x^2{3cosxsinx^2-sinx^4} dx=4/3∫[x=0→∞] {3sinx/x^2-4sinx^4/x^2} dx=4∫[x=0→∞] sinx/x^2 dx – 16/3∫[x=0→∞] sinx^4/x^2 dx=2∫[x=-∞→∞] sinx/x^2 dx – 8/3∫[x=-∞→∞] sinx^4/x^2 dx …①sinz^2={1-cos2z}/2=Re{1-e^2iz}/2}fz={1-e^2iz}/2 とすると、sinz^2=Re{fz} …②cos4z=1-2{sin2z}^2=1-22sinzcosz^2=1-8sinz^2?cosz^2=1-8sinz^2?{1-sinz^2}=8sinz^4-8sinz^2+1∴sinz^4=1/8cos4z+sinz^2-1/8=1/8cos4z+1/2{1-cos2z}-1/8=1/8cos4z-1/2cos2z+3/8=Re{1/8e^4iz-1/2e^2iz+3/8}gz=1/8e^4iz-1/2e^2iz+3/8 とすると、sinz^4=Re{gz} ???③0r1R として、積分経路を次のようにとります。C1: z=R?e^iθ 0≦θ≦π 反時計回りを正の向きとする。C2: z=x -R≦x≦-rC3: z=re^iθ 0≦θ≦π 時計回りを正の向きとする。C4: z=x r≦x≦RC=C1+C2+C3+C4 …④∫[C] fz/z^2 dz=∫[C1] fz/z^2 dz+∫[C2] fz/z^2 dz+∫[C3] fz/z^2 dz+∫[C4] fz/z^2 dz …⑤∫[C] gz/z^2 dz=∫[C1] gz/z^2 dz+∫[C2] gz/z^2 dz+∫[C3] gz/z^2 dz+∫[C4] gz/z^2 dz …⑥i 積分経路CCとその内部でfz/z^2, gz/z^2 は正則だから、∫[C] fz/z^2 dz=0 …⑦∫[C] gz/z^2 dz=0 …⑧ii 積分経路C1z=R?e^iθ ∴dz=iR?e^iθdθ=izdθ∫[C1] fz/z^2 dz=∫[C1] 1/2{1-e^2iz}/z^2 dz≦∫[C1] 1/2/z^2 dz+∫[C1] 1/2e^2iz/z^2 dz≦∫[θ=0→π] i/2/zdθ+∫[θ=0→π] i/2e^2iz/zdθ=1/2∫[θ=0→π] 1/Rdθ+1/2∫[θ=0→π] e^2iRcosθ-2Rsinθ/Rdθ=π/21/R+1/2∫[θ=0→π] e^-2Rsinθ/R dθπ/21/R+1/2{π/2R}1/R ∵補題1後述=π/21/R+π/41/R^2→0 R→∞∫[C1] fz/z^2 dz≧0 だから、∫[C1] fz/z^2 dz→0 R→∞ …⑨∫[C1] gz/z^2 dz=∫[C1] {1/8e^4iz-1/2e^2iz+3/8}/z^2 dz≦∫[C1] 1/8e^4iz/z^2 dz+∫[C1] 1/2e^2iz/z^2 dz+∫[C1] 3/8/z^2 dz≦∫[θ=0→π] i/8e^4iz/zdθ+∫[θ=0→π] i/2e^2iz/zdθ+∫[θ=0→π] 3i/8/zdθ=1/8∫[θ=0→π] e^4iRcosθ-4Rsinθ/Rdθ+1/2∫[θ=0→π] e^2iRcosθ-2Rsinθ/Rdθ+3/8∫[θ=0→π] 1/Rdθ=1/8∫[θ=0→π] e^-4Rsinθ/R dθ+1/2∫[θ=0→π] e^-2Rsinθ/R dθ+3π/81/R1/8{π/4R}1/R+1/2{π/2R}1/R+3π/81/R ∵補題1=9π/321/R^2+3π/81/R→0 R→∞∫[C1] gz/z^2 dz≧0 だから、∫[C1] gz/z^2 dz→0 R→∞ …⑩iii 積分経路C3ローラン展開すると、fz/z^2=-i1/z+1+2i/3z-1/3z^2-???gz/z^2=-i/21/z-2i/3z+z^2+???よって、補題2後述から、lim[r→+0] ∫[C3] fz/z^2 dz=-πi-i=-π …?lim[r→+0] ∫[C3] gz/z^2 dz=-πi-i/2=-π/2 …?iv 積分経路C2とC4r→+0, R→∞とすると、∫[C2] fz/z^2 dz + ∫[C4] fz/z^2 dz→∫[x=-∞→∞] fx/x^2 dx …?∫[C2] gz/z^2 dz + ∫[C4] gz/z^2 dz→∫[x=-∞→∞] gx/x^2 dx …?⑤~?から、r→+0, R→∞のとき、0=0+∫[x=-∞→∞] fx/x^2 dx-π∴∫[x=-∞→∞] fx/x^2 dx=π …?0=0+∫[x=-∞→∞] gx/x^2 dx-π/2∴∫[x=-∞→∞] gx/x^2 dx=π/2 …?①??から、∫[x=-∞→∞] sinx/x^4 dx=2?π-8/3π/2=2π/3—————[補題1]∫[φ=0→π] e^-ρsinφ dφπ/ρ ρ0[補題1の証明]0≦φ≦π/2のとき、sinφ≧2/πφ だから、-ρsinφ≦-2ρφ/π ∴e^-ρsinφ≦e^-2ρφ/π区間 0≦φ≦π/2 で積分すると、∫[φ=0→π/2] e^-ρsinφ dφ≦∫[φ=0→π/2] e^-2ρφ/π dφ=[-{π/2ρ}e^-2ρφ/π][φ=0→π/2]={π/2ρ}{-e^-ρ+1}π/2ρ ∵e^-ρ0∫[φ=0→π] e^-ρsinφ dφ=∫[φ=0→π/2] e^-ρsinφ dφ+∫[φ=π/2→π] e^-ρsinφ dφ第2項の定積分で、ψ=π-φで置換すると、=∫[φ=0→π/2] e^-ρsinφ dφ+∫[ψ=π/2→0] e^{-ρsinπ-ψ} -dψ=∫[φ=0→π/2] e^-ρsinφ dφ+∫[ψ=0→π/2] e^-ρsinψ dψ=2∫[φ=0→π/2] e^-ρsinφ dφπ/ρ—————[補題2]x軸上の点z=x0を関数fの1位の極、B0をその極におけるPの留数とする。γは、円z-x0=ρの上半分で時計回りを正とする向きをもち、ρはPが極x0を除いてこの円と内部で正則となるように十分小さくしたとき、lim[ρ→+0] ∫[γ] Pzdz=-πiB0が成り立つ。[補題2の証明]Qをz-x0≦ρで正則したがって連続とすると、Pz=B0/z-x0+Qz 0z-x0≦ρと表せる。lim[ρ→+0] ∫[γ] Pzdz=lim[ρ→+0] ∫[γ] {B0/z-x0+Qz}dz=lim[ρ→+0] ∫[θ=π→0] {B0/{ρe^iθ}+Qx0+ρe^iθ}?iρe^iθ?dθ∵z-x0=ρe^iθ, dz=iρe^iθ?dθ=lim[ρ→+0] ∫[θ=π→0] iB0 dθ+lim[ρ→+0] ∫[θ=π→0] iρe^iθ?Qx0+ρe^iθ dθ=-πiB0+0=-πiB0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です