障害者手帳について 子供子ど障害者障い者表記なければならない日本って気持ち悪くないか。子供「子ど」、障害者「障い者」表記なければならない日本って気持ち悪くないか
大事なの表記どうかじゃないだろ思いません ?障害?。こうした動きに対して, ①漢字の ?害? のイメージが悪いか ら変更すべき,で
あるとの意見, その他の意見も含めて, 今後実践を通して考えていくために 子供 を
子ど も としているように, あるいはそれ以上の気持ちをこめて 障害 を 障がい と
記したいと 思いまし害毒を流す不遇は, 大きな社會缺陷として出来る丈救済し
ゆかなければならぬものでありま す 救護法お母さん胸をはって! 障碍児学級
つつ, ?障害? の用語と表記の課題については, 考えなくてはならない どの
ような

傾聴記「障害」か「障がい」か。知的障害がある子どもを持つ親たちでつくる「福岡市手をつなぐ育成会」理事で
。ダウン症の息子20がいる女性53同じ当事者団体でも。日本身体
障害者団体連合会副会長で。福岡市身体障害者福祉協会長でもある中原義隆さん
74福岡県精神障害者福祉会連合会会長の一木猛さん71も「言葉を
変えても。差別や偏見はなくならない」と話す。ひらがなで「障がい」と表記
してもなぜそうしているのか。理解していなければ意味がない。障害者手帳について。精神障害者保健福祉手帳の等級は。精神疾患の状態と能力障害の状態の両面から
総合的に判断され。1級から3級まであります。 申請は。市町村の担当窓口を
経由して。都道府県知事又は指定都市市長に行います。 詳しくは。お住まい

障害。その前年に。障害者制度の集中的な改革を行うため「障がい者制度改革推進本部
」が設置され。本部内で『「障害」 の表記これによると。「障害」は。「害」
の字をつかった漢字表記のほかに。「害」を平仮名にした「障がい」。さらに主
にしかしながら。「障害を巡る問題は。単に表記を変えれば解決するという
ものではないため。慎重な機論が求め東京青い芝の会」や「特定非営利活動
法人日本会議」といった障害者団体のものが掲載されています。

>大事なのは表記がどうとかじゃないだろと思いません? ?その通り!>子供を「子ども」、障害者を「障がい者」と表記しなければならない?間違い。①日本国憲法で表現の自由が保障されており、表記に関する法令もないので、どう書いても自由である。②文科省は「子供」と表記するようにしている。 「障害者」の表記は、法令にある。いい加減な知識で、いい加減な投稿をすると恥をかくことになる。勉強せいヨ!杉作「しなければならない」ことはありませんよ。自由です。「しなければならない」と思い込んでる方が、私には気持ち悪いです。それほど気持ち悪いとは感じません。>子供を「子ども」それでは「子供」と書くべき理由は何でしょうか?「子供」派の意見を調べてみても、見た目がいいとか左翼的でないといった理由しか見当たりませんでした。「子供」はただの当て字で語源を考えれば「子共」が本来の表記です。また、戦前から「子ども」表記は存在しており、決して人権派が戦後に思いついた表記ではありません。それでも「子供」と書くべき理由は何でしょうか?>障害者を「障がい者」障碍者団体も「障害」派と「障碍」派と「障がい」派に分かれています。いずれのグループも、見慣れているなどといった消極的な理由ではなく、明確な主張をもっているのでそれぞれのポリシーを尊重するのが賢明な対応だと思います。わかりやすく言えば「みんな違って、みんないい」です。なお、「障碍」が本来の表記で、「障害」は当用漢字による代用表記だというのは完全な誤りで、議論の出発点がおかしくなることから無視することをおすすめします。「障害」表記も戦前から存在します。>大事なのは表記がどうとかじゃないだろと思いません?「供」や「害」を嫌う人たちの主張は、「供」や「害」の字が読む人に対して、子どもや障がい者のマイナスイメージを植え付けるというものです。だからこそ彼らは、表記も差別意識を生む原因であるとして、目につかないようにしたいのです。もちろん、「そんなの机上の空論だ」と突っぱねることもこともできますし、「いや、無意識に植え付けられているから、植え付けられているのに気づいていないだけだ」と擁護することもできます。「障がい者」って文字を見ると、障害者の害の字にわざわざアンダーラインを引いてるようで、かえって害をアッピールしてるようで逆効果だと思いますね。さりげなく「障害者」障碍者でも同じことって書けば、あっそうなの、で済む話が、平仮名にしたことによってかえって話を大きくしてるようで、バカみたいです。「障がい者」の方は、本来「障碍者」と書いていたのを、常用漢字に「碍」の字がないために「害」の字を代用しているだけなので、「碍」を使わないならあえて本来なら誤字であるはずの「害」を使うよりは、仮名で「がい」と書く方が正しい様にも思えます。「子供」を「子ども」って書けって話しは「やっぱり『子供』でいいでーす」で決着しました。「障害者」を「障がい者」と書いてるわけではなく、「障礙」「障碍」を?かな混ぜ「障がい」?代用字「障害」のどちらかを選んで使っています。//大事なのは表記がどうとかじゃないだろと思いません?そこは共感。更に言えば差別用語の言葉狩りも気に入らない。言葉に罪はない。その言葉に差別的感情を乗せて話す者に罪がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です