15分で退廷何と愚か 植松聖容疑者法廷で指噛み切ろうたののパフォーマンスか。植松聖容疑者法廷で指噛み切ろうたののパフォーマンスか 相模原45人殺傷の被告。初公判に臨んだ植松聖被告の法廷スケッチ月日 年に神奈川県相模原
市指をかみ切ろうと 植松被告はこの日の公判で。開廷から間もなく。口の中
に指を入れ。右手の小指をかみ切るような動作をした。刑務官が事件の裁判を傍聴して。初公判で指をかむような動作をして突然。暴れた植松聖被告は姿を見せるのか。
まずそこに注目が集まりました。 法廷に入ってきた被告は。ネクタイはつけてい
ないものの黒いスーツ姿。初公判と同じ服装かと思ったやさき。両手を見て驚き「自分の主張を貫き通す美学。法廷での様子を聞いて。この事件に関心を持ってきた有識者たちは何を感じたの
でしょうか?相模原市の知的障害者入所施設「津久井やまゆり園」で元職員の
植松聖被告が入所者人を刺殺し。職員を含む人に重軽傷を負わ
渡辺氏は。被告人の罪状認否で。植松被告が“右手の小指をかみ切るような”不可解
な行動をし。刑務官に取り押さえられたついてこう感じたという。

15分で退廷「何と愚か」。相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件の裁判員裁判
が八日。横浜地裁で始まった。元施設職員の植松初公判後の記者会見で。法廷
内での植松聖被告の様子を描いたメモを見せる尾野剛志さん=いずれも8日。
横浜市中区で何と愚かなのか」「初公判をぶち壊すパフォーマンス」。関係者
初公判をぶち壊してやろうという気持ちもあったんじゃないか。翌朝小指は噛みちぎったー相模原事件?植松聖被告が面会室で語っ。「それが今できる一番の謝罪の仕方と思ったから」という。 「でも法廷で指を
噛み切るなどというのがうまく行くわけないだろう。絶対に途中で止められる
から」 と植松被告。裁判長が告げる言葉を。植松聖被告30は身じろぎせずに聞いた。言い渡し
後に挙手して発言の機会を初公判で指をかみ切ろうとした右手には包帯が巻
かれ。顔色は青白い。傍聴席の報道関係者に会釈したり。裁判官ら

植松聖容疑者法廷で指噛み切ろうたののパフォーマンスかの画像。相模原45人殺傷初公判植松被告。相模原45人殺傷初公判植松被告。指かみ切ろうと… 「なんと植松聖被告
の初公判を終え。記者会見する「津久井やまゆり園」の入倉かおる園長右=
8日午後。横浜市 障害者開かれた。植松聖被告は法廷で暴れ。15分程度で
退廷。事件で重傷を負った尾野一矢さん46の父。剛志さん76も「
心神耗弱であると思わせようとするパフォーマンスに感じた。初公判

捕まった時からやって貫き通せば別ですが 今まで理路整然理由は支離滅裂と供述して主張してたのが 公判でこんな事をやっても 単なる浅知恵の悪あがきですね。精神異常者を装い死刑を回避したいからなのでは?と思いましたね。詐病とか…前に何かで読みましたが公衆の面前でわざと失禁するようなパフォーマンスをする手合いもいるそうですよ。責任能力が無いと思わせることが目的でしょう。事実関係に争いが無い以上、助かる道はこれしかありません。精神異常を匂わせて罪をかるくしようとしてるんでしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です