airfriction わた最速時時速1000Km地表到達時空気の抵抗で200kmぐらいでないか無責任推測てるの実態どんなんでょ。地表50kmぐらいの高さ、地表向けて剛速球投手投げた硬球時速キロぐらい加速

地表到達た時時速キロぐらいの球速なってか わた最速時、時速1000Km、地表到達時空気の抵抗で200kmぐらいでないか無責任推測てるの実態どんなんでょ 一般社団法人日本物理学会。地球上において発生する重力は,よく知られているように,地球と物体の間に
はたらく万有引力が原因です。木の葉が落下するとき,真空中のように重力
以外に力が働かなければ,木の葉の運動は,重心の落下と,重心の周りの落ち葉
の回転で,記述しかし,実際には,空気の抵抗力が働くため,地面に落ちるの
に秒以上かかり,着地の速度は約/ぐらいで,大幅に遅くなっています。
でも物理学の立場からは,回転の一方向性は微妙な初期条件の結果であると推測
します。

ボディの空力を科学するぺえじ。現実の世界ではどんな運動にも絶対に損失。摩擦といった抵抗が生じる。 自動車
の場合余談になるが。自動車が走行する時はこの空気抵抗以外に。車輪の
転がり抵抗も受ける。時速80を超えると空気抵抗が無視できない値に
なると言われており。 時速200ぐらいになるとエンジンパワーのほとんど
が空気抵抗に打ち勝つために使われている。こうして見るとどのような形状に
すれば空気抵抗をなるべく受けずにすむかが感覚的にわかってくるのではない
だろうか?空気抵抗を受ける運動。摩擦力に似ているがちょっと違う 物体の運動を考える際には。空気抵抗について
は無視する場合が多いのですが。無視しない場合について。本項で説明します。
といっても。空気終端速度 たとえば。地上の高さから重力の作用だけで
落下してくる物体の。地面に到達するときの速さは。たとえば。雨滴の速さは
実際には時速キロ程度だそうです。地表付近では等速だそうです。 一般に。

airfriction。例えば。雨の中を傘をさして歩く。或いは。パラシュートで降下する。等は。「
空気の重さ」に起因する抵抗がないと最初に。粘性抵抗の効果を考えたときに
。雨やパラシュートがどの様な速度で降ってくるか具体的な数値を入れて考え
よう。てきて。地表では抵抗力と重力とが釣り合い。それ以上落下速度が変化
をしない状況。「終端速度 ?」になっていると仮定する。この終端速度に到達
するのに擁する時間は重力加速度で除して。 = / ~ 秒ほどの短時間です

空気抵抗と重力が働く場合、物体の速度は「終端速度」と呼ばれる速さに収束します。なので、最高速は初速ただし終端速度を越える場合または最終速度になります。計算には を使いました。質量145.25g,半径3.6924cmとしました。気温によってかなり差があったのでそれぞれ示します。気圧の変化は面倒だったので考慮しませんでした。0℃:115.4315℃:116.48510℃:117.5315℃:118.56520℃:119.59225℃:120.6130℃:121.619単位は全て[km/h]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です