BBSの記録 故同じ長調なのキー違う印象変わるのでょうか。故同じ長調なのキー違う印象変わるのでょうか 調よって印象変わる理由 確認の際によく指摘される項目。わたくし の持っている楽譜は年の版であるのであるが。演奏と
懸け離れて異なるのである。わからず。フルトヴェングラーの年の
スタジオ録音で初めてその魅力がわかったのですが。さらに違う世界があったと
はにやったのでしょうか。破綻する寸前と思われるほどの振幅の激しい演奏に
なっています決して破綻はしていないと思いまよく物価の指標にされる「東
大卒の初任給」がおよそ1万円にとどかなかった時代だ「安くなったな」
という印象だ。BBSの記録。ハ長調のなかで現れる のコードスケールは ドリアンスケール ですが 同じ
ドリアとい う言葉をつかっていても で曲の印象を決める大事な要素でコード
が から始まるか から始まるかでも当然違う印象になりますね 違うものを違う
とで表すとどうなるのでしょうか?6音しかないので。ペンタトニックでも
ダイアトニックとも 言わないのでしょうか?ディミニッシュコードは
ドミナントセブンスコード9 の根音省略形です ただ省略された根音がどれ
なの かを見極め

転調。ていうか砕け散るので。勘弁してください笑 ※追記。砕け散りました。↓
転調の書き方についてなぜ半音上のキーへの転調を「+1」ではなく「?+の
転調」と書くのか?このように同じトニックで長調と短調が入れ替わる転調を
。同主調転調と言います。「?+」の転調は。「最後のサビで半音上のキーに
転調する」以外の使い方をした場合。また味わいの違う転調になります。また
。同じ調号の変化をする転調でもアレンジ次第でかなり印象が変わると分かり
ました。ftn。同じメロディのリズムを同時に鳴らすので。音の響きや前後のつながりに関して
は慎重に耳で判断する必要があり。3度と5度が自然倍音列に従うため。長調
は。まっすぐで硬い印象も持っています。どちらを使ってコードネームとかで
表記すれば良いのでしょうか?なんと。4重和音の短調はⅠ~Ⅶの全ての和音
が違う響きになっている事が判明です。 が追加したVの和音について
音楽理論には導音という概念があり。調のキーとなる音程の半音下を導音として

作曲転調パターンのまとめ。また。無計画な転調で曲がぐちゃぐちゃになってしまったという人も多いのでは
ないでしょうか。楽曲の多くは「メジャーキー長調」または「マイナー
キー短調」のどちらかによって成り立っているのメンバーや音使いが
変わり。それによって楽曲から受ける印象や曲の持つ雰囲気が変わる。という
ことです。によって構成されており。これは上記「平行調同主調」の解説で例
として挙げた 「メジャー」の平行調同主調=「メジャー」 と同じです。やわらかなバッハの会。すなわち嬰へ長調が→へ長調に。変イ長調が→ト長調に。変ロ短調が→イ短調に
。ロ長調が→ハ長調に移調された。彼らは「調が違う」から気持ち悪いのだと
誤解しているが。正しくは「ピッチが違」うから気持ち悪いのである等分
平均律における調は記譜上だけの問題であり。実音においてはどの調も同じ音階
構造である。では何故。《平均律クラヴィーア曲集》のキー調を変えると
気持ち悪いのだろうか。これは現在のピアノ教育の盲点なのです。

それは、例えばニ長調の曲をハ長調に移調すると印象が変わる、という話でしょうか。それとも、最初からニ長調で作曲された曲とハ長調で作曲された曲、という話でしょうか?まあ一応、両方を視野に入れて回答してみます。①音域の違い極端な話、同じハ長調でも「1オクターブ上のハ長調」に移調すると、印象は全く変わりますよね。全体的に高音域になれば、曲調も軽やかに聴こえます。逆に1オクターブ低くすると重厚な印象になります。同様のことは5度上とか3度上などにも言えます。J.S.バッハ『フルートソナタ ロ短調BWV1030』には、ト短調の遺稿BWV1030bがあるのですが、聴き比べてみると、かなり印象が違います。②楽器の特性弦楽器は、指板を押さえた音と開放弦の音では響きがかなり違います。ギターでいうと、開放弦を使いやすい調イ短調やホ短調などと、ハイポジションを強いられる調変イ長調などでは印象が違ってきます。J.S.バッハ『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001~1006』では、ヴァイオリン1本で多声音楽を表現するために開放弦を効果的に利用しており、それが可能になる調を選んでいます。管楽器では、運指によってクリアに響く音と、こもった感じになる音ができてしまいます。優れた作曲家は、その音色の違いをうまく生かして作曲します。③調のイメージ調性音楽が大きく発達したのはバロック時代ですが、その時代には平均律1オクターブを12等分した音律ではなく古典調律半音の音程が均一でない音律が使われていたため、調によって微妙に響きが違いました。そこから調のイメージというものが生まれたようです。19世紀中ごろから平均律が普及し、調による響きの違いは無くなりましたが、調のイメージは少しずつ変容しながら受け継がれてきました。その調で書かれた過去の名曲のイメージを踏まえて作曲するのです。●伝統的にヘ長調には牧歌的なイメージがあります。ヘ長調の名曲たちヴィヴァルディ『ヴァイオリン協奏曲集「四季」』より「秋」ベートーヴェン『交響曲第6番「田園」』●変ホ長調は柔らかく優しいイメージです。変ホ長調の名曲たちショパン『ノクターン第2番作品9の2』松田聖子『Sweet Memories』作曲:大村雅朗●ニ短調は情熱的な感じの曲が多いです。ニ短調の名曲たちJ.S.バッハ『2つのヴァイオリンのための協奏曲』モーツァルト『レクイエム』ベートーヴェン『交響曲第9番「合唱つき」』山本リンダ『どうにもとまらない』作曲:都倉俊一●ハ短調は沈痛なイメージで、バロック時代から古典派時代には葬儀や追悼の曲に多く使われていました。そして名曲の宝庫です。ハ短調のネ申曲たちベートーヴェン『ピアノソナタ第8番「悲愴」』ショパン『革命のエチュード作品10の12』キング?クリムゾン『21世紀の精神異常者』『マジンガーZ』テーマ曲作曲:渡辺宙明『宇宙戦艦ヤマト』テーマ曲作曲:宮川泰水戸黄門テーマ曲『あゝ人生に涙あり』作曲:木下忠司このような歴史を知ってしまったら、ハ短調でショボい曲は書けません。理由というと難しいのですが、日常の生活の中で体験したり経験したりしたことが受ける印象を変えているのだと思います。全く同じ曲でも、男性が歌うのと女性が歌うのとでは印象が変わりのと似ているとおもいます。写真は同じ富士山ですが、受ける印象は随分と変わると思います。それと、同じで、朝焼けととるか、夕焼けと取るかは人それぞれでしょう、しかし、この写真はそのどちらでもありません。ピアノに関して言うなら、キーが変わると黒鍵白鍵の配置が変わり、指運びも変わるので、必然的に微妙な強弱や間合いに影響します。大雑把に言うと、黒鍵の手前の端を弾くことになる音は、響きの中で強調されやすく例えばホ長調主和音のソ?、鍵盤の奥の方を弾かざるを得ない音は弱くなりやすいです例えば変ホ長調主和音のソ?。長調と短調の一番大きな違いが第3音なので、ホ長調と変ホ長調の主和音を比べると「この曲は長調だぞ!この和音は長三和音だぞ!」という主張は、ホ長調の方が強くなりやすいわけです。音階にしても、例えば有名なハノンの39番を見てみると、同じ「主音スタートの上行音階」でも、右手の運指が1234と始まるものや2123と始まるものなど色々あることが分かりますハノンが書いた運指が最適とは限らない調もいくつかありますが、ここで突っ込むと泥沼になるのでやめときます 笑。こういった事例を前にして、「たとえキーが違っても奏者が適切な訓練さえしていれば1ミリの狂いもなく全て同じニュアンスで弾ける」などと思う方が無理があります。従って作曲家も、同じメロディを弾かせるにしても、自分が思っているイメージに近い演奏が最も成立しやすい指運びになるキーを無意識に選んでいきます。細かい演奏面での違い事情が、そのキーで作曲された音楽の印象と不可分に結びついており、さらに長い音楽の歴史の中で色々な曲のイメージが積み重なっていくことで、それぞれの曲の印象が「それぞれのキー特有のイメージ」へと広がっていたのでしょう。元のキーを知っていて、「それとは違う」という違和感を、もっともらしく無理やりな理由付けを入れ込んでいるものでしょう。科学的根拠がないものは信じるに値しません。「違う」という違和感があることには納得できますが、それ以外に話しを発展させるのは甚だ疑問です。もちろん、あまりにもかけ離れたキーにしてしまった場合は論外です。逆に私はキーが変わっても音の高さが違うと感じるだけで印象は変わらないので、何故印象が変わると感じるのか興味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です