Fate/stay ギルガメッシュ衛宮士郎の戦いで最後の方ギルガメッシュ苦戦てA以上の宝具投影出来ないならエア使う前A以上の宝具連射けば勝てたんじゃないか。Fate[UBW]ついて 今さら… 1 ギルガメッシュ衛宮士郎の戦いで最後の方ギルガメッシュ苦戦て、A以上の宝具投影出来ないならエア使う前A以上の宝具連射けば勝てたんじゃないか 衛宮ローアイアス使ってい時のギルガメッシュの連射ていた宝具Aクラスの宝具か 2 固有結界の地面刺さってる剣ただの剣か ギルガメッシュ宝具召喚た瞬間衛宮宝具複製たってこか 衛宮の投影技術そん優れてっけ 3 投影た宝具ワンランク下るんよね なぜギルガメッシュの宝具すぐ破壊できたんか わかみません…Fate。千をこえる宝具を持つお前は英霊の中でも頂点に位置する者だろうよだがな。
お前は王であって戦士じゃない一つの宝具を使いこなす道を選ばなかった俺と
同じ半端者だ!! くっ!! 贋作を作るその頭蓋!! いっぺんたりとも残しは
せん!!

ギルガメッシュFate。「ギルガメッシュ」とは『』シリーズに登場するサーヴァントである。
ここではアーチャーのギルガメッシュを扱う。 慢心せずしてなにが王か!
プロフィール ^真名ギルガメッシュギルガメシュ ^身長 ^体重 ^
出典Fate/stay。衛宮士郎はその夢を張り続ける。その先に求め続けたものがないとしても!
再びギルガメッシュは士郎に対して宝具を放ちますが

1.そう。ギルガメッシュは勝とうと思えばいくらでも勝ち方があった。しかしプライドの問題で、人間の贋作使いに対し最初に下した評価以上の力を使うぐらいならギルガメッシュにとっては死んだ方がマシの屈辱なので使わなかった。2.ただの剣もあれば宝具もある。 固有結界の地面に刺さってる剣は衛宮士郎がこれまでに見たすべての刀剣なので、ギルガメッシュやアーチャーが衛宮士郎の目前でそれまでに使用して見せたあらゆる刀剣が宝具含めて存在している。ただしエアやエクスカリバーなど神造兵装はない。 衛宮士郎に投影技術は一切ない。 衛宮士郎の剣の模倣は投影魔術とは全く別の異能力で、神造兵装こそ困難だがそれ以外なら宝具ですら効果含めて再現できる。3.ほとんど先手を取った分の速度差で弾いているだけで破壊出来ていない。1と2 正直言うとそこは多分原作側とアニメスタッフ間との設定誤解。まず衛宮士郎が使える唯一の魔術とされるのが固有結界「無限の剣製」。固有結界とは自身の心の中の世界を大魔力を消費して現実の世界の上に上書きするという、魔術の奥義である。そして、「無限の剣製」の効果は「目にした手持ち出来る武器、特に剣の類の完全なコピーを心象風景に出現させる」というもの。武器が能力の性質に合うものなら、一瞬で解析して自動であの荒野にぶっ刺さる。で、実を言えば心象風景の中の剣を外界に投影するより、心象風景そのものを展開する固有結界の方が、剣を出現?使用させる点では遥かに燃費が良い。普通に投影するなら剣10本でMP100消費するところ、固有結界なら毎秒MP10消費しないといけない代わりに剣を10本飛ばそうが100本飛ばそうが消費量が変動しない、といった感じ。ただし、壊れた剣を修復する際は投影と同じだけの魔力消費が必要になる。手抜きのギルガメッシュに対応するだけで息絶え絶えだった士郎が、固有結界展開で急に圧倒しだしたのは、見てコピーして一瞬で間に合う驚異の後出し性能と、投影していた時とはまるで違う燃費が理由である。で、何が設定誤解という話だが「ギルガメッシュが士郎が投影に負荷のかからないCクラス以下の宝具で戦っていた」という話を原作者がしたコンマテでアニメ監督が言及していた。が、先程言ったように自動かつ瞬時に剣が出現する固有結界内で、高ランク宝具は別に負荷がかかる、なんて設定は原作ではない。全くコピー出来ない、手持ち武器ではない物品、剣状でも人が作ったわけではない神造兵装エアとかはあるが、剣であればランク関係なく問答無用でコピるのが「無限の剣製」である。そしてギルガメッシュに「人間である士郎に本気を出したくなかったからエアの使用を躊躇った」「その士郎に挑発されたから撃ち合いにムキになってしまった」という理由でエア及び武器宝具以外の使用をしなかった、というのは確かだが、士郎に剣状の高ランク宝具を使わない理由なんてのは全くない。もしそれさえ手を抜いて低ランク宝具を使っていたというなら、最後にBランクぐらいの宝具を差し置いてエアを使おうとしたギルガメッシュは慢心通り越してただの間抜けになってしまう。なのでこの件に関しては監督が何かを聞き違ったか、原作者の奈須きのこが設定忘れて適当な事を言ってしまったかのどちらかとしか思えない。3. 「能力のランクがワンランク下がる」とは言われているが、具体的にどの能力が下がるとは言われておらず、また「無限の剣製」のランクがA++?Eである事から宝具のランクそのものが下がるわけではないワンランク下がるならB以下しか記載されない筈 因みにstay night本編でギルガメッシュとの戦いが「武器の砕き合い」と地の文で書かれており、ギルガメッシュの武器が砕けなかったわけではない。fgoのエミヤの言によるなら「耐久性だけはどうしても本物に並ぶ事はない」「だが、それ以外の性能面なら限りなく真に迫れる」としており、攻撃力で並ぶ事は不可能ではないと伺える。ギルは人間風情に全力を出したくないという舐めプにより、最強戦力のエアを出し惜しみしてました。刺さってるのは宝具です。剣限定で見ただけでコピーできて、使い手の剣技もコピーできるという特性があります。投影は練度次第では本物に限りなく迫ることが出来るとも言われているので、原典と相討ちにできるそうです。ギルが宝具を出す速度よりも、シロウが既に投影してあるものを拾う方が早いのと、ギルは剣技はそんなに上手くはないので武器の量と技量でシロウが勝てました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です