JR西日本 JR西日本の300キロ体感研修ついて西日本で研修効果高いので今後つずけて行く表明ている。JR西日本の300キロ体感研修ついて、西日本で研修効果高いので、今後つずけて行く表明ている、 新幹線の整備不良よる事故相次いでいるためたん、職員への見せめか思えないどう思か JR西“スピード体感”中止「指摘されたからでない」。新幹線の時速キロのスピードを体感する研修について。今後は行わないこと
を明らかにしました。 西日本?来島達夫社長。「今後は線路外の作業通路など
での実施に見直しをしていきたい」 西日本は。社員をトンネル日本との
契約分の供給は「契約に基づき年内までに行う」とのことのようですので。いつ
出されるかわからない状況にあります。ワクチンの効用の点を世界的視点で
客観的に考えると。「日本のような感染率の低い国よりも感染率の高い国を優先
すること

新幹線300キロ体感研修を見直し。JR西日本の来島きじま達夫社長は24日。新幹線のトンネル内に社員を
座らせ。最高時速300キロで通過する車両の速度やさらに昨年12月に
新幹線の台車に亀裂が入ったまま走行を続けた問題を受け。明るい場所で台車や
パンタグラフの状態を来島社長は体感研修について「安全に十分配慮しており
。必要性もある」との認識を変えず。「車両検査に従事する技術者の安全JR西日本。日本は世界で最も信頼性の高い鉄道網を持つ国のつで。高速鉄道「新幹線」でも
知られる 西日本は月日。トンネル内に社員を座らせ。最高時速キロ
で通過する新幹線の風速を「体感」させる年に始まったこの研修について
。西は安全意識の向上が狙いだったとしているが。労働組合の一部が中止を
参加者は今後。トンネル外の線路脇にある柵の外から新幹線を観察するという。
自民党。女性議員に党会議「見せる」が発言は認めず 方針表明

人財?働きがい:JR西日本。戦略を成果につなげる主役はグループの一人ひとりであり。「顧客起点」「現場
起点」の考動で。第一線で起きていることを経営に西日本の目指す「
ダイバーシテイ&インクルージョン」についてはこちらをご覧ください。社長
メッセージの発信。社内誌やイントラネットでの情報発信に加え。管理指導層へ
の研修等を通じて。「多様性を受け入れ。として系統やグループを超えた積極
的なコミュニケーションを図りながら。を回し続けていくことが必要だと
考えます。JR西?恐怖の研修?は変わらぬ体質の象徴だ。西日本は本当に安全最優先の企業になったのでしょうか」今年月に『軌道
福知山線脱線事故 西日本を変えた〈西 新幹線キロ体感 トンネル内で
座らせ研修〉上りと下りの線路の間にある深さの通路に入ってうずくまり。
頭上間近を新幹線が最高時速で通過してゆくのを体感する。年に
トンネル内で近くの吹田駅構内には「速度体感ゾーン」があり。研修コースに
組み込まれている。次ページ臨場感を持って効果的に伝えるのが目的

今朝のニュースで、新幹線の風圧体感の研修はトンネル内の研修も含めて見直しを検討していることを明らかにしました。見せしめではないです。“研修”の行われているトンネル内でもし部品が脱落したら、現場にいる人は確実に死にます。あれは、『トンネル内で部品を脱落させたら、君達の大切なお仲間が死ぬことになるよ』という、いわゆる人質です。つまり、JR西日本会社は社員を人間扱いしてない。ということですね。時速300kmを間近で体感するのは、良い事だと思います。実際体感しないとわからない事もあるでしょう。沢山の人の命を預かるお仕事ですから、しっかり危機管理できる人材を育てて下さい。そして、応援しています。安全性と効果には疑問はあるが、当事者でないので分からない。ただ、本来、研修を受けている人間と研修を企画している人間の間で解決すべき問題が外部にまで漏れるまで拗れているのは問題です。研修を受ける側に納得感の無い研修は基本的に効果ないので無駄です。無駄を承知で法律や監督官庁の命令で意味ないことがわかっていても、無意味だがやらないと怒られるからやるからちゃんと聴け!と言ってやる研修もありますが。見せしめ?事故が相次いでいるから、体感するんですよ。嫌がらせでもなんでもありません。嫌ならば検修業務から外れろとしかいいませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です